TOP > ニュース

【蹴拳】セミファイナルで3つのタイトル戦決定

2017/04/26(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

3度の網膜はく離を乗り越え、自ら“不死鳥”と名乗るミドル級の塚野(右)

 4月30日(日)東京・ディファ有明で開催される『蹴拳35』の全対戦カードが決定した。

 今大会ではトリプルセミファイナルとして、蹴拳ムエタイ初代ミドル級王者決定戦のジャントーン・エスジム(カンボジア)vs塚野真一(不死鳥道場)、蹴拳ムエタイ・ライト級タイトルマッチのまさき・ラジャサクレック(ラジャサクレックジム)vs翔・センチャイジム(センチャイムエタイジム)、蹴拳インプレッション・スーパーライト級王者決定戦の加藤渡(JTクラブジム)vsひろき☆感激!!(エスジム)が行われる。

 ジャントーンは2016年10月に新日本キックに参戦し、喜多村誠を苦しめるも逆転KO負け。今年1月の蹴拳ではRYU・謙から勝利を収めている。対する塚野はローキックを得意とし、度重なる怪我やドクターストップからその度に復活を果たしたことから不死鳥と呼ばれ、現在は不死鳥道場の代表を務めている。

まさき(左)は元INNOVATIONライト級王者・橋本(右)にTKO勝ちして王座に就いた

 まさきは2016年5月、橋本悟にヒジ打ちでTKO勝ちし、蹴拳ムエタイ・ライト級王者に君臨。今回が初防衛戦となる。2016年2月には今回対戦する翔と同門の獅・センチャイジムに1RでKO勝ちを収めた。対する翔はNJKFライト級王座、MuayThaiOpen同級王座、WMC同級王座などを獲得し、国内ライト級のトップ選手として活躍。昨年は3連敗を喫したが、今年1月に勝利を収めて連敗をストップした。

 加藤は元REBELS-MUAYTHAIライト級・WPMF日本同級・第3代INNOVATION同級の三冠王・雷電HIROAKIに勝利したこともある実力者。サウスポーからの左ミドルキックを得意とする。ひろきは勝っても負けてもほとんどがKO決着というアグレッシブなパンチャーだ。

●編集部オススメ記事
・ラジャ王者T-98がカンボジアの虎を相手に再起戦
【試合動画】T-98がTOMOYUKIを飛びヒザ蹴りでKO
【試合動画】TKO勝ちでT-98がINNOVTIONスーパーウェルター級暫定王者に   

【大会・チケット情報】 4・30 蹴拳プロモーション「蹴拳 35」
 

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
≫もっと見る
出場・参加者募集
アクセスランキング
≫もっと見る