TOP > ニュース 一覧

【RISE】紅絹が激戦予告「10発、100発と積み重ねる。見ていてください」=前日計量

2020/10/31(土)UP

計量パスする紅絹(c)RISE

 11月1日(日)エディオンアリーナ大阪で開催される『RISE DEAD OR ALIVE 2020 Osaka』の前日計量が、10月31日(土)大阪府内で行われ、明日の大会に出場する全選手は、計量を1回目でパスした。

 明日の注目カードとして、女子 -47.6kgトーナメント『RISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020』の準決勝、決勝が組まれている。準決勝は3分3R 延長1R、決勝は3分3R 延長2Rで行われ、女子トーナメントとしては、破格の優勝賞金300万円(準優勝は100万円)となっている。

ハロウィンを意識してか顔にハートのペイント、ぬいぐるみを抱いて計量パスする百花(c)RISE

 10月11日の横浜大会で1回戦を行い、勝利した紅絹(36=NEXT LEVEL渋谷/初代 RISE QUEENアトム級王者)と百花(27=魁塾/NJKF ミネルヴァ日本アトム級王者) が第6試合、sasori(テツジム/PRIMA GOLD/NJKF ミネルヴァ日本ライトフライ級王者)と寺山日葵(19=TEAM TEPPEN/初代 RISE QUEEN ミニフライ級王者)が第7試合で、それぞれ準決勝を争い、勝者同士が決勝で激突する。

 リミットの47.6kgを、紅絹は47.4kg、百花47.2kg、 sasoriは47.35kg、寺山は47.35kgで、出場4選手が無事に計量をパスした。

左ジャブを伸ばす紅絹

 紅絹はキャリア50戦を超える大ベテラン。卓越した試合運びを武器に、昨年7月に那須川梨々を破りRISE QUEENアトム級王座を獲得。今年2月に平岡琴を挑戦者に迎え、ダウン応酬の激闘に競り勝ち初防衛に成功している。10月の本トーナメント1回戦では、Ayakaに判定勝利して、準決勝に進出している。

 対する百花は30戦以上の戦績を持ち、ガムシャラに前へ出て打ち合いを挑むことから“浪速の喧嘩小町”の異名を取る。昨年3月のRISE QUEENアトム級王座決定トーナメントでは紅絹に判定負け。同年9月には平岡琴との延長戦の末に惜敗した。今年2月には、自身が保持するNJKFミネルヴァ日本アトム級王座防衛に成功。10月の本トーナメント1回戦では、大倉萌に延長スプリット判定で勝利して、準決勝に進出した。

左ミドルを蹴る紅絹

 紅絹は、10月の1回戦の内容に納得がいかなかったため「派手に行きたい」と前回の試合を払拭する姿を見せる構え。「前回は地味な試合をしてしまったので、今回取り返すしかないので今回見ていてくださいよ」と、ファンに呼びかける。

 10月の試合後「ダメージがなく悔しかったので、練習を再開して、しょっぱなから追い込みしてたら(同門の)愛三(小林愛三)と壽美が引いていました」との言葉通り、かなり気合を入れて、追い込んできた様子だ。

計量後の両者(C)RISE

 前回の戦いを振り返って「無理していましたね。KOは難しいですね。私は1発KO出来ないので、10発100発と積み重ねる戦いしかできないので、明日は良い試合になるに決まっています」と自信を見せる。一撃でのKO勝利のみを狙うのではなく、紅絹らしいフットワークと、手数とアグレッシブさ全開で戦うつもりだろう。

「この年齢になると先のこと(決勝戦)考えていると、ろくなことないので、sasori選手と寺山選手は4Rゴリゴリに削って、来てくれてもいいですね。たっぷり(長いRの試合が)みたいな」と目の前の試合に集中しながらも、逆ブロックの削りあいを望んだ。さらに、「優勝して、ベルトの価値が上がるので、それを試合で見せるしかない」と闘志を燃やしていた。

百花は前に出てバチバチの打ち合いを見せる選手だ

 百花は「何とか1回戦で勝つことできて、地元で試合できるのが嬉しいです。会場にたくさんの応援が来てくれるので力に変えて優勝を掴みに行きます」とトーナメント制覇に向けて、意欲を示す。

 前回の試合後に負った目の腫れも癒え、モチベーションも日に日に高まってきた百花。「正直、紅絹選手との対戦しか頭にないです。1試合が大事。(勝たないと)決勝に上がれないのでそのことだけ考えています」とまずは準決勝に集中して臨むとした。

☆11.1 RISE 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【RISE】那須川天心vs裕樹など全32選手が計量パス

・【RISE】神村エリカPが女子1回戦を総括、謎の怪女sasoriを評価、それ以外は厳しく…

・[1回戦]紅絹がテクニックで19歳Ayakaを封殺、準決勝一番乗りを果たす

・[1回戦]百花がスピードパンチで空道王者・大倉萌を退け勝利、T準決勝へ

・[1回戦]sasoriが狂気の笑顔見せ平岡琴をパンチで圧倒、準決勝進出を勝ち取る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧