TOP > 試合結果個別

【RISE】百花がスピードパンチで空道王者・大倉萌を退け勝利、T準決勝へ

2020/10/11(日)UP

パワーある大倉相手にスピードでパンチを当てていく百花

RISEクリエーション
『RISE DEAD OR ALIVE 2020 Yokohama』
2020年10月11日(日)神奈川・ぴあアリーナMM

▼第8試合 RISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020一回戦② 3分3R延長1R
○百花(魁塾/NJKFミネルヴァ日本アトム級王者)
延長判定2-1 ※10-9×2、9-10
●大倉萌(大道塾吉祥寺支部/2017年北斗旗全日本空道体力別選手権大会 女子-215クラス優勝)

大倉のパワーあるパンチに負けずパンチで真っ向勝負する百花(左)

 百花は30戦以上の戦績を持ち、ガムシャラに前へ出て打ち合いを挑むことから“浪速の喧嘩小町”の異名を取る。昨年3月のRISE QUEENアトム級王座決定トーナメントでは紅絹に判定負け。同年9月には平岡琴との延長戦の末に惜敗した。今年2月には、自身が保持するNJKFミネルヴァ日本アトム級王座防衛に成功している。

 対する大倉は10歳から大道塾・空道を学び、2017年には『北斗旗全日本空道体力別選手権大会』女子215以下クラスで優勝。今年1月のキック初戦では相手の顔面から出血させる強烈なTKO勝利でデビューした。ハーフデッドリフト300kg、ベンチプレス100kgを超える男子顔負けのパワーで、王者クラスをなぎ倒し優勝を狙う。

 1R、互いにオーソドックスの両者。重心を落としステップ主体の百花に、アップライトのムエタイスタイルで構える大倉。ミドル、ローと蹴りの先手を打ってくる大倉を、落ち着いてさばく百花。大倉がよく伸びる前蹴りで百花をコーナーまで飛ばす。

大倉は蹴りを多用しペースを引き寄せる

 2R、百花が得意のスピードを生かし、ステップインしてはストレートの連打。大倉が様子を見ながら単発のミドル・前蹴りを的確に当ててゆく。入ってくる百花に向かって右ミドルを連打の大倉。百花がパンチ連打の終わりにローを打つと、大倉が即座に返し重そうなローキックの音が響く。

 3R、変わらず右ミドル、ローで削る大倉。百花のローに必ず大倉が重そうなローを入れるのが印象的。中盤、百花のストレートが大倉の顔面をとらえる。連打まで詰める百花。飛び込んでのパンチ連打に勝機をかける百花は、何度も入りにゆく。
 大倉はフックやローなど返すも後手に周り気味か。最後は百花がフックの連打を振るってゴング。

 ジャッジは30-29百花、29-29ドロー、30-29大倉と三者三様のドローとなり、延長へ。

延長戦の接戦を制した百花

 延長R、百花の右眉が腫れている。百花が前に詰めてはパンチを振るうが、大倉はガードし離れては右ミドル、ローと蹴り分けヒットさせる。大倉が前蹴り、ミドルと蹴りに徹底し中に入れさせない。百花は蹴り終わりを狙いパンチ連打。大倉は百花のパンチにはクリンチで対応し、パンチはほぼ出さず。
 ラスト30秒、百花がパンチを振るって前に出続けると右ストレートがヒット。最後は大倉もパンチの打ち合いに付き合いゴング。

 判定は2-1で百花。スプリット判定で百花が粘る大倉を突き放し、準決勝へ駒を進めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・紅絹がテクニックで19歳Ayakaを封殺、準決勝一番乗りを果たす

・平岡琴、謎の強豪sasoriら計量パス「地位も人気もベルトも全て奪ってやる」(平岡)

・青木真也お墨付き、女子T断トツパワー・大倉萌に期待

・謎の怪女sasori「笑うと残虐性が増す」百花はベンチ100キロ上げの強豪相手に「スピードで上回る」=女子47.6kgT

・白鳥大珠が90秒でTKO負けする波乱、直樹がハイキック一撃で決勝進出

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別