TOP > ニュース 一覧

【RISE】神村エリカPが女子1回戦を総括、謎の怪女sasoriを評価、それ以外は厳しく…

2020/10/12(月)UP

一夜明け会見に臨んだ(右から)sasori、紅絹、神村プロデューサー、百花、宮﨑

 10月11日(日)ぴあアリーナMMにて行われた『RISE DEAD OR ALIVE 2020 Yokohama』の一夜明け会見が12日都内で行われ、『RISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020』トーナメントプロデューサーの神村エリカ氏が会見に臨んだ。

女子Tプロデューサー・神村エリカ氏は「何のためにトップを揃えているのか」と辛辣にトーナメントを総括

 会見は神村氏による女子トーナメント1回戦の総括からスタート。厳しい表情で「sasori対平岡(琴)戦以外は残念な内容」と、会見冒頭から厳しいコメントを発した。

 “魅せる試合”をコンセプトに掲げた女子最強トーナメントの「RISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020」。しかし1回戦の結果を見た神村氏は「何のためにトップを揃えているのか」と8選手中6選手が王座保持者であることに触れ「横浜の大きな大会で魅せられる選手を揃えたつもりなので、力量を発揮できなかったのは残念」と、改めて厳しい評価を下した。

神村氏が唯一評価したsasoriのパンチ連打

 さらに3週間後の11月1日大阪大会で行われる準決勝・決勝への決意を胸に秘める選手達を尻目に「3週間で(技術的・肉体的に)変わるのは不可能。ダメージもあるし、気持ちを切り替えていくしかない」とバッサリ。
 同大会で行われた男子63kg級トーナメントを制した原口健飛を引き合いに出し「今回の原口選手と同じデザインのベルトを作ってもらっている意味を、4名には自覚してもらいたい」と強い言葉で奮起を促した。

 一方で「内容に満足しているとは思っていない」と選手の気持ちも代弁。「大会を思う気持ちを11月1日にぶつけてもらえれば、昨日よりは確実にいいものになると思います」と、準決勝に進出した4選手の覚悟を期待するコメントも残した。

紅絹「自分にブチ切れている」百花「反省点ばかり」

RISE QUEENの紅絹は笑顔を見せず「自分にブチ切れている」と自省

 このコメントを受けた初代RISE QUEENアトム級王者・紅絹(NEXT LEVEL渋谷)は「期待をしていただいた、こんな大きな大会で結果を出せずすみませんでした」と深々と頭を下げた。
 神村氏の厳しい評価にも「そこまで下げた評価を上げるには振り切って、開き直って上げるしかない。応援しなくていいです。見ていただければ。つまんない試合はバッシングしてください。自分自身に一番ブチ切れているので、それはもう形で出すしかない。11月1日に全て出し切りにいきます」と、11月大会への全力投球を誓った。

百花は「反省点ばかり」と試合内容に不満を残した

 また準決勝で紅絹と対戦が決まったNJKFミネルヴァ日本アトム級王者・百花(魁塾)も意気消沈気味で「倒しに行く技術を磨いて、もっと前に出て魅せられる試合をします。次は地元大阪でやりたかった紅絹選手とやらせてもらえるので、絶対倒して勝ちます」と、希望する紅絹との試合で評価を変える覚悟を見せた。

▶次ページは神村Pが評価したsasoriの試合動画とコメント

●編集部オススメ

・[前日の試合]sasoriが狂気の笑顔見せ平岡琴をパンチで圧倒、準決勝進出を勝ち取る

・[前日の試合]女王・寺山日葵が顔を腫らす死闘、延長戦で激戦制す

・[前日の試合]紅絹がテクニックで19歳Ayakaを封殺、準決勝一番乗りを果たす

・[前日の試合]百花がスピードパンチで空道王者・大倉萌を退け勝利、T準決勝へ

・トーナメント制覇の原口健飛、“次期天心”指名受け「そうなるためにも白鳥君と決着を」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧