TOP > ニュース

【巌流島】菊野克紀、再起戦はカポエイラ戦士と対戦

2017/07/09(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

菊野(左)が怪我からの再起戦で、カポエイラのアウレリオ(右)と対戦

 9月2日(土)東京・舞浜アンフィシアターで開催される『巌流島 ADAUCHI 2017 in MAIHAMA~サムライたちの仇討ち(REVENGE)~』の対戦カード第一弾が発表された。今回のテーマは「仇討ち」(リベンジ)。

 メインイベントでは、元UFCファイター・菊野克紀(沖縄拳法空手/日本)がカポエイラ戦士人マーカス・レロ・アウレリオ(カポエイラ/ブラジル)と対戦する。

 菊野はUFC参戦を経て、2016年7月から巌流島に参戦。沖縄拳法空手の修行で身に付けた一撃必殺の拳を武器に、これまで巌流島で6戦して5勝1無効試合と負けなし。そのうち4勝がKOによる勝利で、3勝が1RでのKO勝ち。

 前回5月大会では体重差57kgのジミー・アンブリッツとの無差別級戦に挑んだが、ローキックが相手のヒザに当たってしまいスネが割れ、傷口から骨が見える状態となってしまい試合続行不可能で無効試合となってしまった(1Rが終わらないと試合不成立)。

 その後、7月15日のDEEPに参戦が発表されたが、練習中に右足の中足骨(足指の付け根に相当する骨)を折り、松葉杖生活を余儀なくされて欠場。今回が再起戦となる。

パンクラス王者の川村(左)が初参戦。怪物柔術家の関根(右)と対戦する

 対するアウレリオはブラジルの格闘技カポエイラの使い手で、派手な蹴り技を駆使する巌流島の人気選手。これまで中島大志(大相撲)、瀬戸信介(中国拳法)らと対戦し、日本人相手には無敗を誇る。菊野は日本人エースとして、日本人選手の仇討ちを挑む。

 また、パンクラス・ミドル級王者のロッキー川村(パンクラシスト/日本)が初参戦。身長176㎝、体重115kgで筋肉の塊のような肉体を持つ“怪物”関根“シュレック”秀樹(柔術/日本)との重量級対決も決定した。

●編集部オススメ記事
・中国拳法・瀬戸の「アチョー」通じず、アウレリオがKO
・菊野の傷口から骨が露出、負傷のため無効試合に

<決定対戦カード>

▼無差別級
菊野克紀(沖縄拳法空手/日本)
vs
マーカス・レロ・アウレリオ(カポエイラ/ブラジル)

▼無差別級
関根“シュレック”秀樹(柔術/日本)
vs
ロッキー川村(パンクラシスト/日本)

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース