TOP > ニュース

【Krush】戸邊、堀尾との再戦に自信「1月の僕とは別人」

2015/07/29(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲キレのあるパンチをミットに叩き込む戸邊(右)

 8月14日(金)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.56』にて、第4代Krush -55kg級王座決定トーナメント準決勝で堀尾竜司(TRY HARD GYM)と対戦する戸邊隆馬(シルバーウルフ)が7月29日(水)所属ジムで公開練習を行った。

 戸邊は1Rのシャドーの後、パンチのミット打ちを1R披露。キレのある右ストレート、アッパー、左ボディブローで快音を響かせた。

「仕上がりは最高です。前回も過去最高と言いましたが、それ以上。本当にベストです」と笑顔を見せる戸邊。「今までやってきたことを経験として活かせている。自分のいいところも悪いところも理解して練習に臨めています」と、その理由を語る。

 6月のトーナメント1回戦では隆聖を3R55秒、右ハイキックでマットに沈めた。「全身を効かせることが出来たので、本当はもっと早く倒せたというのが反省点。この反省点を次につなげます。どの攻撃でも効かせる、どんな技でも倒せるように練習をしています」と、全ての攻撃に自信があるという。

 堀尾とは今年1月のK-1でも対戦し、判定負けを喫している。約半年での再戦だが、「前回、堀尾選手に負けたことで逆に成長を感じています。自分を見つめ直して新しい発見が出来ました。1月の時の僕とは別人だと言えるくらい違う」と、前回の自分とは比べ物にならないと言い、「堀尾選手はスタミナと手数が優れていますが、そこで負ける気はしない。次の試合でどっちが強いのかを見せたい」と、今回が本当の勝負だと言わんばかり。

 今回は1日で準決勝・決勝の2試合が行われるが、2試合ともKOが理想かと聞かれると「もちろん」と自信満々。「このタイミング(で王座決定トーナメント)は自分のためにあるんじゃないかと思うくらい自信があります。Krushのベルトを獲るという目標を通過して、K-1や世界の舞台で活躍したい」と、戸邊は語った。

【大会・チケット情報】 8・14 グッドルーザー 「Krush.56」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2015年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る