TOP > 試合結果

【NKB】田村聖、逆転勝利でミドル級王座獲得

2017/02/05(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

日本キックボクシング連盟/NKB実行委員会
「神風シリーズ VOL.1」
2017年2月5日(日)東京・後楽園ホール

西村(左)と激しく打ち合う田村(右)

▼第12試合 メインイベント NKBミドル級王座決定戦 3分5R
○田村 聖(拳心館/同級1位)
判定2-0 ※47-47、49-47、49-47
●西村清吾(TEAM-KOK/同級2位)
※田村が第6代王者に

 第5代王者・村井崇裕が返上し空位となっていたNKBミドル級王座を懸けて同級1位・田村と同級2位・西村が激突。西村は2015年2月のデビュー以来5戦負けなしの快進撃を続け、昨年10月大会で田村と対戦。激しい打ち合いの末にドローに終わっていた。

 1R、パンチを出しながら突進する田村に、西村は左ストレートをヒットさせる。

 お互いに一発の攻撃力があるために慎重な攻めを見せる中、2Rには西村が前蹴り、左ミドル。

 さらに3Rには西村の左ボディストレートが度々ヒットし、田村の動きが止まる。4Rも西村が左ミドル、前蹴りを当て主導権を握り、田村は手数が少ないながらも重い右フックを返す。

 最終R、完全に西村がペースを掴む中、田村が一気に距離を詰めてヒジ・パンチ、さらにヒザ蹴り連打。崩れるように倒れた西村にはダウンコールが告げられ、額からは流血。ドクターチェック後に再開し、田村は跳びヒザを見舞うと、西村は2度目のダウン。ここで試合が終了、田村が判定勝利で新王者に輝いた。


パンチでダウンを奪った知花(左)が判定勝利

▼第11試合 セミファイナル バンタム級 3分5R
知花デビット(エイワスポーツジム/元WBCムエタイ日本統一バンタム級王者)
判定3-0 ※49-48、49-48、49-47
高橋 亮(真門ジム/NKBバンタム級王者)

 これまでに知花と同門の竹内将生渡辺優太に敗れている高橋三兄弟の次男。1Rから高橋は左ロー、左ミドルと蹴りを上下に散らし、知花は右ロー主体の攻めを見せる。2R、蹴りをテンポよく当てる高橋は左ストレートも当て始めたが、知花は左ストレートでダウンを奪う。

 3R、巻き返しを狙う高橋は左ストレート、左ミドルで削っていき、4Rは知花は組んでのヒジを返すなど互角の応酬。5R、疲れを見せる両者だが、高橋はKO狙いの左ハイ、知花も終盤にラッシュを仕掛け主導権を握らせない。知花が判定勝ちを収めた。

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック