TOP > ニュース

【レベルス】橋本悟、蹴りの藩にバチバチ打ち合いの誘い

2018/02/15(木)UP

一撃必殺で強打には絶対の自信を持つ橋本。打ち合ってのKO決着を希望

 2月18日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『REBELS.54』に出場するMuayThaiOpenスーパーライト級王者・橋本悟(橋本道場)の試合前インタビューが主催者を通じて届いた。

 対戦相手は、元WPMF日本スーパーライト級王者・潘隆成(ぱん・りゅんそん/クロスポイント吉祥寺)。180cmの長身を誇り、サッカーで鍛えた強靭な足腰から放つ蹴り技を武器にタイなど海外でも試合経験豊富なREBELSの次世代エースだ。

 藩の印象を聞くと「あまり対戦相手の研究はしないんですけど、先輩の田中(秀和)さんがやっていて、その映像を何回か見ました。印象? 戦績がいいのと、顔もいいな、って」と冗談まじりに話す。
 
「背が高くて、手足も長いんで。近づけさせてくれないと思う」と語るが、潘が「KOしたい」と言っていると聞くと「KOを狙ってくれるなら逆にいいですね。僕は『判定を狙って来るんだろう』と思ってるんで。コツコツ攻めてきて、気づいたら負けてた、みたいな試合だと相手のペース。僕はバチバチに打ち合いたいんで、本当にKOを狙ってくれるならいいですけど」と柔らかに相手を挑発。

「今年は一つの試合も落とさず、大きな試合を目指す」と語る

「絶対来ないと思うんですけどねぇ。絶対離れて蹴るんでしょ」と続けるが、潘が去年11月に小川翔からパンチでダウンを奪ったと聞くと「それは凄いですね。自分は盛り上げたいんで。もちろん負けるのは嫌ですけど、つまらない試合で判定負けをするぐらいなら、バチバチに打ち合って勝っても負けてもKO、がいいんですよ」と試合の勝敗よりもまず、打ち合いを希望する。

 橋本は今年32歳になる。「年齢も年齢なんでそんなに長くも続けられないだろうし、どの試合が最後になるか分からないと思ってるんで。1つも落とせない気持ちで、一つ一つの試合をやっていって、大きな舞台でも戦いたいですね」と背水の陣での覚悟を語る。

 とはいえ「去年よりも今年の自分の方が強い、という自信はあります。『落ちてきてるな』と思ったら続けられない」と衰えなどは感じていない様子。

 今回の試合は「自分はやっぱりパンチが好きで、細かいテクニックはないんですけど、バチバチに打ち合って会場を盛り上げるんで、応援をよろしくお願いします」と「不器用」ながらもどんどん前に出るバチバチの試合を約束した。

【大会・チケット情報】 2・18 Def Fellow「REBELS.54」

●編集部オススメ

・橋本が夢・センチャイジムをKOし新王者に

・昨年11月に小川翔との王者対決を制した潘

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース