TOP > ニュース

【ONE】山本“KID”徳郁、青木真也、秋山成勲の推薦選手が総額1000万円を争う

2018/04/11(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

山本“KID”徳郁の推薦選手は、前回のK-1では優勝を逃した。本業のMMAで優勝選手を出すことが出来るか

 インターネットテレビ局のAbema TVが4月29日(日)より『格闘代理戦争2ndシーズン』の放送を開始する。その概要が発表された。

『格闘代理戦争』は、「格闘技界に次世代スターを送り込む」をテーマに掲げるドキュメンタリー番組。1stシーズンではK-1を舞台に、魔裟斗、武尊、山本“KID”徳郁、小川直也が推薦選手を出し、番組ではその選手の練習風景や私生活を追い、最終的にはトーナメントで優勝者を決めた。

青木真也も推薦選手を送り込む

 前回は魔裟斗が開催した「魔裟斗トライアウト」にて選ばれた松村英明がトーナメントで優勝し、見事K-1グループとのプロ契約と賞金300万円を獲得。3月21日にさいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催された『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~』でプロデビュー戦を行っている。

秋山成勲(左)も参加し、推薦選手を出す

 今回の『格闘代理戦争2ndシーズン』には、MMA(総合格闘技)を舞台として山本“KID”徳郁、青木真也、秋山成勲らが参加。推薦選手を出し合ってトーナメントが争われる。優勝した推薦選手には「AbemaTV」から賞金300万円が贈呈されるほか、先日提携を発表したアジア最大規模の活動をするMMAプロモーション『One Championship』と最高1,000万円の契約(5試合契約/試合前に100万円、さらに試合に勝利したら100万円)が保障されることが決定。優勝者はいきなり海外デビューを果たすことになる。

●編集部オススメ

・魔裟斗、山本KIDら推薦選手が300万円懸けて激突

・40歳・秋山成勲、韓国大会で大健闘も惜敗

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース