TOP > ニュース

【シュートボクシング】鈴木博昭が山口侑馬を相手に再起戦

2018/01/09(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

鈴木(左)が8カ月ぶりのホームリング参戦、KNOCK OUTでも活躍する山口(右)と対戦する

 2月10日(土)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2018 act.1』の対戦カード第一弾が発表された。

 シュートボクシング(以下SB)世界スーパーライト級王者・鈴木博昭(ストライキングジムARES)が、昨年6月以来のホームリング登場。INNOVATIONライト級王者・山口侑馬(山口道場)を迎え撃つ。

 鈴木はSB世界トーナメント『S-cup2014』で優勝、SB世界スーパーライト級王座奪取とSBのエースとして君臨していたが、昨年6月に新鋭の海人にTKOで敗れ、10月の『KNOCK OUT』でも水落洋祐にKO負けを喫して連敗中。厳しい状況が続いているが、今年11月に開催される『S-cup2018』参戦に向け闘志が再燃。今回の一戦はS-cup出場に向けた査定試合の1つといっても過言ではないだけに、鈴木は強豪山口撃破で存在感をアピールしたいところ。

 対する山口は17勝のうち12勝がKOというライト級屈指のハードパンチャー。昨年2月の『KNOCK OUT』でWPMF世界スーパーフェザー級王者・町田光をヒジ打ちでKOして一気に名を上げたが、現在は強敵相手に連敗中。兄の裕人は昨年4月にSB初参戦し鈴木にKO負けを喫していることから、兄のリベンジを狙っての参戦となった。

6戦無敗の新鋭チングン(右)がベテランの喜入(左)に挑む

 連敗脱出に懸ける両者のサバイバルマッチ。『S-cup2018』出場へ向けてのレースがこの一戦から始まる。

 また、ルンピニージャパンウェルター級王者・喜入衆(フォルティス渋谷)がSB2度目の参戦、6戦無敗のモンゴル戦士・チングン新小岩(シーザージム新小岩)が迎え撃つ。テコンドー仕込みの華麗な足技を得意とする“モンゴル旋風脚”チングンは、キャリア60戦を超すベテランファイターの壁をぶち壊すことが出来るか。

<決定対戦カード>

▼64.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R ※ヒジあり
鈴木博昭(ストライキングジムAres/SB世界スーパーライト級王者)
vs
山口侑馬(山口道場/INNOVATIONライト級王者)

▼67.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
喜入 衆(フォルティス渋谷/ルンピニージャパンウェルター級王者)
vs
チングン新小岩(シーザージム新小岩/SB日本スーパーウェルター級)

●編集部オススメ

・海人、現エース鈴木博昭をヒジで秒殺

・山口が電光石火のヒジ打ちで町田をKO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース