TOP > 試合結果

【ホーストカップ】チューチャイが二冠王に、敗れた村井は引退

2018/02/25(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ダブルタイトルマッチで、チューチャイ(左)がホーストカップ王座を防衛し、村井(右)からWPMF王座を奪取した

アーネストホーストジムJAPAN
「HOOST CUP KINGS KYOTO 4~闘魂伝承~」
2018年2月25日(日)京都・KBSホール

▼メインイベント 第11試合 WPMF日本スーパーウェルター級&HOOST CUP日本EXミドル級ダブルタイトルマッチ 3分5R
〇チューチャイ・ハーデスワークアウトジム(36=タイ/ハーデスワークアウトジム/HOOST CUP日本EXミドル級王者)
判定3-0 ※50-48、50-48、49-48
●村井崇裕(30=京都野口ジム/WPMF日本スーパーウェルター級王者)
※チューチャイがHOOST CUP王座2度目の防衛に成功、新WPMF王座に就く。

 地元京都のWPMF日本スーパーウェルター級王者・村井と、HOOST CUP日本EXミドル級王者チューチャイによるダブルタイトルマッチ。

 両者、気合い十分の表情でリングイン。開始早々から、サウスポー対策充分の村井のジャブ、右ストレートがヒットする。チューチャイも強烈な左ミドルを返すが、村井はしっかりカットする。

 1、2Rはやや村井優勢。しかし中盤から、強打を警戒したチューチャイが首相撲を仕掛ける作戦に変更し、村井の動きがやや止まる。村井のヒジが何度か大きくヒットしダメージを与えたかに見えるが、すぐさま組み付いてのアクションで印象を消そうとするチューチャイ。

 終盤、ミドルをまとめ蹴りしたチューチャイが、WPMFルールに基づいた判定によって勝利。WPMF日本スーパーウェルター級新王者となり、同時にHOOST CUP日本EXミドル級タイトル2度目の防衛に成功した。

 村井は怪我によるブランクからの試合となったが全てを出し切り、怪我のためコンディションを保てないとの理由によって今回が引退試合であった。試合後、関係者が見守る中、恩師・野口康弘会長に見守られて村井はテンカウントゴングを聞き、リングを降りた。


裕樹(右)のハイキックがモロにさく裂。しかし、辻出(左)も意地を見せた

▼セミファイナル 第10試合 61kg契約 3分3R延長1R
〇裕樹(アンカージム/元RISEスーパーライト級、ライト級、スーパーフェザー級王者)
延長R 判定3-0 ※三者とも10-9
●辻出優翔(京賀塾/HOOST CUP日本ライト級王者)
※本戦は29-29、30-29(裕樹)、29-29

 一昨年の大阪大会のリング上で、裕樹から指名を受けた辻出との対戦が実現。

 序盤より、辻出がサウスポースタイルからの左ストレートと、昨年、“世界の豪腕”大月晴明の腕を粉砕した左ヒザを繰り出し裕樹の腹部が赤く染まっていく。

 しかし辻出の左ストレートに合わせた裕樹の左フックがたびたびクリーンヒットし、辻出の攻撃の回転が減っていく。裕樹のローキックは、辻出も対策充分にカットする。終盤に近付き打ち合う場面が多くなり、修羅場をくぐってきた裕樹が若干打ち勝つ印象。

 3R終盤に裕樹のハイキックがヒットし大きくグラつく辻出だが、強気で打ち返す。本戦の判定は1-0で延長ラウンドに突入。激しい打ち合いが続くが、経験に勝る裕樹が印象点で終盤引き離し、勝利を手に。60kg級で国内トップの位置にいることを改めて証明した。

 両者は健闘を称え合い、意地がぶつかる熱い試合に来場者からは称賛の声が飛び交った。


▼第9試合 EXルール 59kg契約 3分3R
〇高橋聖人(真門ジム/NKBフェザー級3位)
判定2-0 ※29-29、30-28、30-27
●大原和也(大原道場)

▼第8試合 58kg契約 3分3R
〇泰良拓也(PFP/RISEフェザー級7位)
判定2-1 ※30-29、29-30、30-29
●大樹(NJKF ARENA/NJKFフェザー級4位)

▼第7試合 71kg契約 3分3R
〇春野剛士(Dropout/元NKBミドル級1位)
判定3-0 ※三者とも30-29
●RYU・謙(レジェンドドラゴン/S1ミドル級王者)

▼第6試合 54kg契約 3分3R
〇KING剛(ロイヤルキングス/初代KING OF STRIKERS初代スーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※29-28、30-28、30-27
●風音(京賀塾)

▼第5試合 65kg契約 3分3R
〇濱崎一輝(PFP/元全日本スーパーウェルター級1位)
判定2-0 ※30-29、29-29、30-29
●足利也真登(FightClubRush/DEEP☆KICK 60kg級1位)

▼第4試合 63.5kg契約 3分3R
〇田邉裕哉(京都野口ジム)
判定3-0 ※30-26、30-26、30-27
●オッカム山際(MKHGym)
※オッカムは体重オーバーにより減点1からのスタート

▼第3試合 55kg契約 3分3R
〇山田直樹(KSS健生館)
判定3-0 ※三者とも30-29
●吉岡ビギン(モンスタージャパン)

▼第2試合 ヘビー級 3分3R
〇谷川聖哉(真正会)
TKO 2R 2分23秒 ※左ハイキック→レフェリーストップ
●兼田祐任(誠剛館)

▼第1試合 57kg契約 3分3R
〇柴田和也(大原道場)
判定2-0 ※三者とも30-29
●虎之助(NJKF誠輪ジム/NJKFフェザー級10位)

▼オープニング第3試合 65kg契約 3分3R
〇佐野克海(NJKF拳之会)
判定3-0 ※29-28、30-28、30-28
●堀池空希(究道会館)

▼オープニング第2試合 55kg契約 3分3R
〇力哉(BKジム)
判定3-0 ※30-28、29-28、29-28
●梅井泰成(京都野口ジム)

▼オープニング第1試合 55kg契約 3分3R
〇横野 洋(アンカージム)
判定3-0 ※三者とも30-27
●正木宏幸(NJKF闘游塾)

●編集部オススメ

・チャーチャイと村井がダブルタイトル戦で激突

・裕樹、階級変更で必殺ローに自信

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果