TOP > ニュース

【新日本キック】新王者・石原將伍「最後まで倒すスタイルでいく」

2018/01/06(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

日本フェザー級王者・石原將伍

 1月7日(日)東京・後楽園ホールで開催される新春興行『WINNERS2018 1st』のトリプルメインイベント、日タイ国際戦に出場する日本フェザー級王者・石原將伍(ビクトリー)の試合直前インタビューが、主催者を通して届いた。

 昨年10月、日本フェザー級王座決定戦で高橋亨汰との一戦を制し、チャンピオンとしての初戦を迎える石原。「チャンピオンになれたのでこれからダメなところを直していき、最後まで倒すスタイルでいきたいと思っています。今さらですが、やはり蹴りがないとパンチは当たらないですね(苦笑)。蹴りの大事さがわかりました」と練習では蹴り技を強化しているという。

 今回の相手スウィーレック・パンダクラタナブリー(タイ)については「(八木沼広政)会長からは首相撲が強い選手とは聞きました」といい、「僕は基本的に首相撲には付き合わないスタイルなんですが、組まれても耐えてやろうかなという気持ちでいます。日本人なら勝てるだろうとタイ人は思っているので、とりあえず対処してます。(首相撲を)させないことも考えてますし、全体評価でも負けたくないので組みに来たら付き合ってやろうという気持ちもあります」と相手が得意な攻防でも負けないと自信を見せる。

強打で日本フェザー級王座を獲得した石原

 試合では「いつもの石原將伍とは違い、レベルの上がった戦い方を見せたい。見ている人にこういうことも出来るんだなと思わせたいですね」と進化した姿を当日は見せたいという。

 昨年には日本プロスポーツ大賞で新人賞を受賞しており、「自分なんかがもらっていいのかという感じです。いい事ばかりとは思わずに、気を引き締めていきたいと思います」と気合い十分。

 江幡塁、勝次、重森陽太ら新日本キックの主要選手が活躍するKNOCK OUTのリングについては「自分は主戦場が新日本キックです。ベルトを巻かせてもらっていて新日本を代表する選手なので新日本のリングで戦っていきたいです。でも、強い相手がいるなら新日本には恩があるので恩返しのつもりで強さを証明します」と他団体出撃にも意欲を見せている。

【大会・チケット情報】 1・7 新日本キックボクシング協会/治政館「WINNERS2018 1st」

●編集部オススメ

・元WBC王者・波賀宙也、強豪バカイペット戦でヒジ葬狙う

・ムエタイ四天王バカイペット襲来、波賀が迎え撃つ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース