TOP > ニュース

【UFC】ミオシッチvsコーミエのヘビー級王座戦が決定

2018/02/01(木)UP

対戦が決まったヘビー級王者ミオシッチ(左)とライトヘビー級王者コーミエ(右)。UFC重量級の頂上対決となる

 UFCへビー級のビッグマッチが発表された。7月7日(土・現地時間)アメリカ・ネバダ州ラスベガスのTモバイル・アリーナにて開催される『UFC 226』で、ヘビー級王者スティペ・ミオシッチ(35=アメリカ)がライトヘビー級王者ダニエル・コーミエ(38=同)の挑戦を受けて、4度目の王座防衛戦に臨む。

 ミオシッチは2016年5月にファブリシオ・ヴェウドゥムから初回KO勝ちを収め、33歳でUFCヘビー級王座を獲得。同年9月に元Strikeforceヘビー級王者アリスター・オーフレイム、昨年5月に元UFCヘビー級王者ジュニオール・ドス・サントスの挑戦をそれぞれ初回KOで退けた。

ガヌーの顔面に鉄槌を落とすミオシッチ

 さらに今年1月の『UFC 220』では、UFCで6戦全勝と無敗を誇った最強挑戦者フランシス・ガヌーに、下馬評を覆すかたちで大差の判定勝ち。UFCヘビー級史上初となる3度の王座防衛を達成し、その地位を盤石のものとしている。

 そのミオシッチに挑むコーミエは、2015年5月のUFCライトヘビー級王座決定戦でアンソニー・ジョンソンに一本勝ちして初戴冠。同年10月にアレクサンダー・グスタフソンの挑戦を判定で退けると、昨年4月にはジョンソンからまたも一本勝ちを収め、2度の王座防衛に成功した。

1月のV3戦ではヴォルカン・オズデミア(右)に圧勝したコーミエ(左)

 同年7月に迎えた3度目の防衛戦ではジョン・ジョーンズにKO負けしたが、試合後にジョーンズの薬物違反が発覚。この試合はノーコンテストとなり、コーミエは王座に復権した。そして、先の『UFC 220』で再び3度目の王座防衛戦に臨み、ヴォルカン・オズデミアの挑戦を2R・TKOで退けた。今回は1階級上のヘビー級で王座に挑戦し、UFC重量級での二階級制覇を目指す。

 なお、これまでにUFCで二階級制覇を達成したのは、ジョルジュ・サン・ピエール(ミドル級とウェルター級)、コナー・マクレガー(ライト級とフェザー級)、B.J.ペン(ウェルター級とライト級)、ランディ・クートゥア(ヘビー級とライトヘビー級 ※2011年4月の試合を最後に引退)の4選手のみ。コーミエが今回の試合で勝利すれば、UFC史上5人目の二階級制覇王者が誕生することになる。

Photo by Josh Hedges/Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

●編集部オススメ

・ミオシッチが最強挑戦者ガヌーに完封勝利、V3の新記録達成

・コーミエが一本勝ちでV2、敗れたジョンソンは涙の引退表明

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース