TOP > ニュース

【RISE】工藤政英の「森山未來に似ている」発言に、森本“狂犬”義久「マジムカつく」

2018/04/25(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

前回、後楽園ホールを沸かせる激闘となった工藤(左)vs森本(右)の再戦がタイトルマッチで実現

 6月17日(日)千葉・幕張メッセ・イベントホールで開催されるRISE史上最大のビッグマッチ『RISE 125』の記者会見が、4月24日(火)都内で行われた。

 会見には第3代RISEフェザー級王座決定戦を争う、同級1位・森本“狂犬”義久(27=BRING IT ONパラエストラAKK)と同級2位・工藤政英(26=新宿レフティージム)が出席。両者は昨年5月に対戦し、その時は延長までもつれ込む接戦の末ドローに終わっており、今回が決着戦となる。

 工藤は「RISEに参戦させてもらってからずっとベルトを目指してやってきたので、そのタイトルマッチで決着がつかなかった森本選手とやれることでモチベーション高く練習できています。僕はバチバチの殴り合いをするつもりです」とあいさつ。

 森本は「昨年5月に工藤と引き分けたんですけれど、今やったら余裕だし、俺のベルトのために生贄になってもらおうと思います」と豪語する。

 再戦になったことについて工藤は「ドローって負けよりも気持ちがモヤモヤしているので、タイトルマッチで最高の舞台で再戦できるのは嬉しいです」、森本は「今、試合したらマジ余裕なんですが、前回の試合は楽しかったので楽しみですね」と、お互い決着戦にはワクワクしている様子。

 工藤は以前から森本とは伝説に残るような名勝負がしたいと言っているが、森本は「ワンパンで決めたい。ぶっ飛ばしてやります」と、名勝負にする気はさらさらないようだ。

 また、工藤が「森本選手はトークが怖いんですけれど、実際試合になってリング上で顔を見たら森山未來さん(俳優、ダンサー)に似ているって思って。そこから恐怖心がなくなりましたね」とコメントすると、森本は「それ、キャバ嬢によく言われるけれど、マジムカつくんですよ。不本意だ」と、工藤へさらなる怒りを燃やしていた。

【大会・チケット情報】 6・17 RISEクリエーション「RISE 125」

●編集部オススメ

・幕張メッセ大会第一弾は森本“狂犬”義久vs工藤政英のフェザー級王座決定戦

・工藤政英、篠塚辰樹の強打に苦戦もローキック葬

・森本“狂犬”義久、宮崎就斗との激戦制し王座決定戦に進出

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース