TOP > 試合結果 一覧

【パンクラス】有己空(近藤有己)10年ぶりの大阪大会で勝利ならず

2016/12/11(日)UP

横三角絞めを極めた秋葉(上)

▼第10試合 フライ級 3分3R
〇秋葉太樹(総合格闘技道場reliable)
TKO 1R 1分28秒 ※横三角絞め
●和田教良(志村道場)

 秋葉が蹴りからテイクダウン。ヒジを打ちながら相手をコントロールする。なんとか脱出を試みる和田を、秋葉は足で捕えると首を絞め上げる。堪える和田であったが、レフェリーが試合をストップ。秋葉がTKO勝利を上げた。
 


 

足関節を取り合う太田(右)と井上(左)

▼第9試合 ライト級 3分3R
〇太田裕稀(格闘技吉田道場)
判定3-0 ※30-27、29-28、29-28
●井上啓太(GROUND CORE)

 1R、先に仕掛けたのは太田。井上をケージへ押し込み、ヒザ蹴りを入れる。しかし、井上は体勢を入れ替えると、太田をケージに押し込むヒザ蹴りを打ち込む。この組みの攻防が続き、ラウンド終了。

 2R、太田が井上の蹴り足をキャッチ、テイクダウンから寝技の攻防になると足関節の取り合いが繰り広げられる。井上は立ち上がって太田をケージへ追い込み、飛びヒザを見舞う。

 3R開始すぐに太田のドクターチェック。左まぶたをカットしているが、問題なく再開。このラウンドでも足の取り合いとなるが、お互い極められずゴング。攻め手の多かった太田が判定をモノにした。


ともに空手経験者の後藤(右)と川原(左)だが、試合は組みの攻防となった

▼第8試合 ストロー級 3分3R
〇後藤琢也(パンクラス大阪稲垣組)
判定2-1 ※三者とも29-28
●川原波輝(総合格闘技スタジオSTYLE)

 組んで展開を作りたい後藤が、全ラウンドを通して川原を封じた。ケージへ押し込み、足をかけて尻餅をつかせるなど、組の攻防ではまったく譲らない。川原はヒジや細かく連打するも、有利なポジションを取れない。お互い空手経験者だが、打撃の展開はなく、終始、押さえ込んで立たせなかった後藤が勝利をつかんだ。

(レポート&写真提供:佐佐木澪) 


 

▼第7試合 ストロー級 3分3R
〇三谷敏生(総合格闘技道場コブラ会)
判定3-0 ※三者とも30-27
●安藤ロイド(和術慧舟會兵庫支部)

▼第6試合 フェザー級 3分3R
〇藤崎航汰(パンクラス大阪稲垣組)
TKO 2R 2分27秒 ※グラウンドでのパンチ
●上野藤士(INFINITY)

▼第5試合 フェザー級 3分3R
〇室川和登(総合格闘技ゴンズジム)
判定2-1 ※29-28、29-28、28-29
●楳原 嵩(アブソリュート岡山)

▼第4試合 バンタム級 3分3R
〇三村 亘(パンクラス大阪稲垣組)
判定3-0 ※29-28、29-28、29-28
●梅井隆至(REAL STYLE)

▼第3試合 バンタム級 3分3R
〇高山慶悟(TK Training Center)
一本 2R 2分48秒 ※アームロック
●長谷川孝司(パンクラス大阪稲垣組)

▼第2試合 ストロー級 3分3R
〇大崎勝海(総合格闘技道場reliable)
判定3-0 ※三者とも30-27
●ふじい☆ペリー(総合格闘技道場BURST)

▼第1試合 ストロー級 3分3R
〇仁科太志(ゼロ戦クラブ)
判定3-0 ※三者とも30-27
●尾﨑龍紀(総合格闘技道場コブラ会)

▼パンクラスゲート第3試合 フェザー級 3分2R(延長1R)
〇冨田翔市(Lil☆star三重支部)
一本 2R 1分55秒 ※チョークスリーパー
●松野佑哉(タナベMMAクラブ)

▼パンクラスゲート第2試合 フライ級 3分2R(延長1R)
〇上野暢彦(INFINITY)
判定2-0  ※20-18、20-19、19-19
●高島大樹(総合格闘技スタジオSTYLE)

▼パンクラスゲート第1試合 フライ級 3分2R(延長1R)
〇小田 伶(総合格闘技 闇愚羅)
判定2-0 ※19-19、20-19、20-18
●杉原光世(チームプログレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧