TOP > ニュース

【ボクシング】田中恒成が大晦日、二階級制覇へ挑戦

2016/10/31(月)UP

昨年5月、プロ日本最速5戦目で世界王座を獲得した田中が二階級制覇に挑む

 プロ日本最速5戦目で世界王座を獲得した前WBOミニマム級王者の田中恒星(21=畑中)が二階級制覇をかけ大晦日にWBO世界ライトフライ級王座決定戦(岐阜メモリアルセンターであいドーム)で同級1位のモイセス・フエンテス(31=メキシコ)と対戦することが31日発表された。

 モイセスは2011年に第12代WBO世界ミニマム級王者となり、ライトフライ級に階級を上げるため2013年に王座を返上。戦績は27戦24勝(19KO)2敗1分とKO率7割を誇る。田中は7戦7勝(4KO)と全勝だが、体格差では身長はモイセスが4センチ上回り、リーチ差でも田中159cm、モイセス172センチと13cmも上回る。
 長身と長いリーチを生かした打ち下ろすパンチに定評があるようだ。田中はこのリーチ差を克服し井上尚弥(23=大橋)と並ぶ国内最速の8戦目で二階級制覇なるか。

昨年の大晦日で逆転KO勝利した田中(左)

 田中は昨年の大晦日にWBO世界ミニマム級タイトルマッチでKO勝利し初防衛に成功後、「来年2016年、二階級制覇をします」と試合後のインタビューで宣言。今年4月に階級を上げ、WBO世界ミニマム級王座を返上しWBOライトフライ級に転向した。
 ライトフライ級では、これまでの実績などが考慮されてWBO世界ライトフライ級では2位にランクイン。翌5月にフライ級(50キロ以下契約)10回戦でIBF世界ライトフライ級9位のレネ・パティラノ(フィリピン)と対戦し6回2分23秒でKO勝利している。

編集部オススメ
19歳・田中恒成が国内最速5戦目で世界王者に輝く
田中恒成、初ダウンを喫するも逆転KOで初防衛

 

関連記事

の続きを読む



TOP > ニュース

イベント日程
2016年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
出場・参加者募集
Facebookもチェック