TOP > ニュース

【ムエタイオープン】岡山からスター候補の美拳士がやって来る

2016/12/23(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

6勝(2KO)無敗、発言も強気なイケメンキックボクサー馬木。難敵との試練の一戦に勝って頭角を現すか

 12月25日(日)東京・ディファ有明にて開催される『MuayThaiOpen37』に、今後の活躍が期待される新鋭が参戦する。

 その新鋭の名は馬木愛里(うまき・めり/岡山ジム)。2000年生まれの16歳で岡山県出身。182cmの長身でサウスポー。中国45kg王座、WBCムエタイ・ジュニア初代日本王座を獲得したジュニア・キックボクシング出身で、プロでの戦績は6勝(2KO)無敗。

 10月のイノベーション岡山ジム興行ではグリアングライ・ゲーオサムリットを三日月蹴りでKO、11月にはムエタイの殿堂であるタイ・ルンピニースタジアムに初出場を果たし、テーパヤック・ソータナペットを左ストレートでKOした。

ムエタイ大好き、目指すは日本人初のルンピニー王者だという馬木

「岡山から伝説のチャンピオンに」を目標にし、自ら「本物を求める備中の美拳士」を名乗るほどルックスもいい。某キックボクシング団体の代表が「技術も身体の強さもまだまだだが、梅野源治に似たものを持っている」と評しており、今回の試合を勝利で飾れば2017年はブレイクの年となるかもしれない。

 今回の対戦相手レック・エイワスポーツ(タイ/エイワスポーツジム)は、LOKスーパーライト級王座を保持し、『BOM』で日本人キラーとして名を馳せるベテラン選手。7月の『BOM』ではWMC世界ウェルター級王座、ルンピニースタジアム認定スーパーライト級王座、プロムエタイ協会同級王座の三冠を保持するトップ選手のセンサターン・ソー・スラデート(タイ)とも対戦した。

 馬木は自身のSNSにて「みんな俺が負けるって思ってる。いや~楽しみだな。みんなの“え?”って言う番狂わせ起こした後の転々とした顔。まぁみときんさい」、「これは大きな試練です。壁です。俺はそんな壁飛び越えたりできないからぶっ壊して進みます」など、強気なコメントを残している。

●編集部オススメ記事
・岡山ジムの新鋭・馬木愛里がルンピニーでKO勝利
・27戦のキャリアを持つムエタイ戦士に15歳の時に勝利

【大会・チケット情報】 12・25 センチャイムエタイジム「MuayThaiOpen37」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース