TOP > 試合結果

【空道】男女ともに東海大学柔道部出身が優勝

2016/11/12(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

身長188cm、体重112kgの超重量級・野村が柔道仕込みの投げ技で空道無差別選手権を制覇

全日本空道連盟
「2016北斗旗全日本空道無差別選手権大会」
2016年11月12日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館

▼決勝戦
○野村幸汰(大道塾札幌西支部/2015・2016全日本体力別260+優勝)
延長戦 一本 ※襟絞め
●清水亮汰(大道塾総本部/2015全日本無差別優勝)

男子優勝・野村(右)と女子優勝・大谷(左)はともに名門・東海大学柔道部出身。柔道でも実績を持つ。現在の所属も同じ大道塾札幌西支部

 パンチ、キック、ヒジ打ち、ヒザ蹴り、投げ、絞め・関節技、頭突きなどの様々な技の使用が、頭部を守る防具(ネオヘッドギアと呼ばれる)着用のうえ認められている総合武道「空道」(くうどう)。今大会では体重無差別によるトーナメントが51名によって争われた。

 2010~2014年体力別重量級5連覇と2010・2012・2013無差別3度優勝を達成、現在はプロMMA(総合格闘技)でアメリカの『ベラトール』、日本では『RIZIN』で活躍中の加藤久輝(大道塾安城同好会)が3年ぶりに出場することで話題を呼んだが、ベスト8進出を果たしたところで棄権した。

加藤(左)は1回戦シード、2回戦はローキックとパンチ連打で効果を奪う圧勝。3回戦で岩崎と対戦し、これも判定5-0の圧勝を収めた

 加藤は10月21日にベラトールでMMAの試合をしたばかりで(1RでTKO勝ち)、その試合で左足を痛めていた。「出られるかどうかギリギリまで分からない状態だったんですが、塾長(大道塾代表師範・東孝)が2年後の世界大会のためにも出ておいた方がいいとのことだったので、やりますと言いました」(加藤)

 また、ベスト8で棄権したのは「大河が重量級のホープなので、手合わせすればそれがいい結果に向かうかなと思って手合わせしたかったからです」と、3回戦で対戦した岩崎大河(総本部/19歳)に戦いを通じて何かを伝えたかったのが無理をして出場した理由だったと語った。

ジャンプしてのパンチを見舞う清水(右)

 優勝候補筆頭だった加藤が姿を消し、決勝を争ったのは昨年の同大会で史上最年少優勝(20歳)を果たした清水と、春の体力別選手権260+(体力指数と呼ばれる身長と体重の合計値で、空道では体重ではなくこの体力指数でクラス分けしている)で2連覇を達成している野村。両者は昨年の準々決勝で対戦しており、清水が圧倒的な体格差(清水が身長177cm・体重75.8kg、野村が身長188cm・体重112kg)を跳ね返して勝利を収めている。

野村(左)はタイ人コーチのもとでの練習で打撃のスキルも上げてきた

 清水がジュニア時代から空道一本でやってきたのに対し、野村は名門・東海大学柔道部出身で、2014年の柔道全日本選手権(無差別級)でベスト16の実績を持つ。大学卒業後は柔道とサンボと並行して空道にも取り組み、25歳になった今年から空道一本に絞って無差別初制覇へ臨んだ。

 清水は投げを警戒して距離をとり、ジャンプしてのパンチを放つ。野村はローキックやパンチで接近して道衣をつかむとすぐに投げの体勢。清水はこれを防いでいく。

清水が得意のハイキックで効果を奪った

 前に出てくる野村へ清水は左ハイキックをヒットさせ、効果(防具が無ければ確実に効果的と判断される攻撃=1ポイント)を奪う。野村の投げを防ぎ続けた清水だが、ついに最後は投げられて寝技に持ち込まれたが、これも凌いだ。

 本戦で2ポイント以上の差がなかったため、延長戦へ。ここでも清水が左ハイキックで効果を奪うが、その直後に野村が豪快な投げから突きの極め(寸止めで4連打)で効果を奪い返す。さらに抑え込みから腕がらみ(アームロック)を極めて一本勝ち。昨年の雪辱を晴らし、初優勝を飾った。

最後は野村が腕がらみで清水を仕留めた

「去年、悔しい思いをしたのでリベンジ出来てよかったです。柔道時代は120kgがベストでしたが、今は空道一本なので110kgくらいにしました。1回戦からみんな強くていつ負けてもおかしくなかった。今回は怪我があってほぼ練習が出来ていなかったので勝てるとは思っていませんでした」と、試合を振り返る野村。

 今後の目標には「2年後の世界大会で勝つこと」と「加藤(久輝)先輩には負けているので、もっとレベルアップしていつかリベンジしたい」と、打倒・加藤をあげた。

●編集部オススメ記事
・加藤久輝が3年ぶり出場、清水亮汰の連覇なるか
・20歳の史上最年少王者が誕生、30年ぶり記録更新 


投げから突きの極めで効果を奪った大谷

▼全日本女子無差別選手権決勝
○大谷美結(大道塾札幌西支部/2016春全日本女子215+優勝)
効果優勢勝ち
●東由美子(大道塾総本部)

大谷も柔道仕込みの投げが長所

 大谷は名門・東海大学柔道部のチームメンバーとして全日本学生団体選手権3位の実績を持ち、空道に転向してわずか1年で昨年の同大会で優勝を果たした。

 対する東は空道の創始者であり、国際空道連盟理事長・大道塾塾長の長女。全日本選手権初出場にして決勝進出を果たした。

最後に効果を追加した大谷(右)のバックハンドブロー

 東塾長に「女子空道初の日本人世界王者になれるのではないか」と言わしめる大谷は、「カッコいい技をやってみたくて磨きをかけてきた」という打撃で攻め、東を投げる。すぐに立ち上がろうとした東を再び寝技に持ち込み、突きの極めで効果を奪う。さらに腕十字、アームロックを連続で仕掛けるがこれは東がしのいだ。

 スタンドに戻るとパンチの打ち合いから、本戦終了間際に大谷がバックハンドブローを決めて効果を奪い、圧勝で二連覇を達成した。

●次ページ:準決勝2試合

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果