TOP > インタビュー 一覧

  5月19日(日)東京・新宿FACEで開催される『J-GIRLS 2013 ~Victorious Goddess 2nd~』のフライ級次期王座挑戦者決定トーナメント準決勝で難波久美と対戦するいつか(新宿レフティー)。2年前に行われた同トーナメントでは決勝戦で敗れているだけに、今回の試合に対する意気込みは並々ではない。「最初からバチバチいきますよ」自信溢れるいつかを直撃した。(取材日:5月11日)

PROFILE
いつか
(Itsuka)
1984年11月15日、宮城県出身
新宿レフティージム所属
※詳細は選手名鑑へ→

■第1章 本格的な走り込みと筋トレを取り入れることで、変化したこと

――試合が近づいてきましたね。 

「会長から『仕上がりはパーフェクトだ』と言われたので、今度の試合では自信を持っていい感じで戦えるかなと思います。今までは自分でどのくらいまで出来るのかわからない状態だったのですが、今はスタミナ的にも問題ないですし、色々と筋力強化もしています」

――スタミナ面では、今まで不安だったのですか? 

「そうですね。3Rぐらいになるといっぱいっぱいでした。2012年3月の安部基江戦で腕を粉砕してしまい、約半年何もできない状態でした。次につながるようにと、ある方からお誘いをいただいてから走りこみをするようになりましたね。今は中距離(800m)の走り込みをしていて、5Rまで戦えるいう状態まで来ています。それまでに走り込みはしていたのですが、スタミナ面の強化という部分では出来ていませんでした。

――練習メニューは具体的にどういうものを?

「周りの方が真似をすると嫌なので今の練習メニューの内容は言えないのですが、うちのチャンピオンのSHIGERU(WPMF日本スーパーフェザー級王者)のメニューとほぼ同じものを辛うじてこなしています。フルラウンド戦い抜いて泥試合をするSHIGERUの練習に食らい付いていけるようなら、自分自身でも変われると信じてやっています」

――筋トレの強化はどうしてやろうと思われたんですか。

「走り込みで下半身の筋肉がついたとしても上半身の筋肉が付いていないとバランスが悪いと思うので、パンチの強化も考えてしっかり付けようかなと。今、腕っ節が凄いことになっているので、もう女子の腕ではないですよ。顔と体のバランスが合っていないので、ジム内ではメスゴリラと言われています」

――そう呼ばれて嫌いではない自分がいるんでしょうか(笑)。

「いや~ジムで見るといい筋肉が付いたなと思うんですけど、家に帰って鏡で見るとせつなくなりますね。でも見た目がどうであれ、試合で勝つ方が自分にとってはいいので今のうちはメスゴリラで頑張ります」

――筋肉強化でパンチ力は向上しましたか?

「前よりは俄然上がっていると思います。筋トレを本格的にやって半年ぐらいは経っていますからね。筋トレ、走り込みを去年の9月ぐらいから始めて、それが今ようやく身に付いてきたかなという感じです。息が上がっても戻りは早くなってますし、その点思いっきりいってもインターバルで体力を戻せるぐらいにはなってきました」

――成果を感じているだけに、今度の試合はご自信でも楽しみでは?

「そうですね。皆さんが楽しんでいただけるような試合にはなると思います。最初から…

・・・

いつかインタビュー内容
■第1章 本格的な走り込みと筋トレを取り入れることで、変化したこと
※以下、会員の方のみご覧になれます。 
第2章 レースクイーンから格闘家に転向した理由

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

TOP > インタビュー 一覧