TOP > ニュース

【パンクラス】アジア初、UFCファイトパスで世界ライブ中継

2015/09/10(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

パンクラスの試合がUFCファイトパスを通じて世界にライブ配信される

 パンクラスは、UFCの登録制デジタル映像配信サービスである「UFCファイトパス」で、10月4日(日)東京・ディファ有明で開催される『PANCRASE 270』から、世界ライブ配信を開始することを発表した。

「UFCファイトパス」はUFCのほか、女子MMAのINVICTA FC、Titan FC、修斗ブラジル大会などをライブ配信しているが、アジアの団体ではパンクラスが初となる。

●UFCファイトパス担当部長 エリック・ウィンターのコメント
「歴史的なMMAプロモーション・パンクラスを、10月4日の東京大会からライブ配信できることに興奮しています。1993年から世界レベルのイベントを開催し続けているパンクラスの、日本最高峰MMAをUFCファイトパス視聴者に楽しんでいただきたいです。

 パンクラスは22年に渡ってMMAの発展に寄与し大きなインパクトを残してきました。UFCファイトパスではこれまでパンクラスが生んできた数多くのライブラリーも見る事が出来る様になります。UFCホール・オブ・フェイマー(名誉殿堂入り)のバス・ルッテンやケン・シャムロック、歴代UFC王者のエヴァン・タナーやジョゼ・アルド、パンクラス創始者の船木誠勝や鈴木みのるの伝説的な試合が、数週間以内にUFCファイトパスで配信開始されます」

●パンクラス代表 酒井正和のコメント
「UFCと同じ年月の歴史を持つ老舗MMAプロモーションとして、UFCファイトパスという世界向けのプラットフォームでパンクラスの全てを公開出来る事を光栄に思います。

 世界からUFCを目指す未来のスター選手が、パンクラスに戦いの場を求めて集まって来ています。10月4日大会を皮切りにパンクラスがUFCファイトパスで世界ライブ配信される事で、世界中のMMAファンにパンクラスを楽しんで頂ける様に、今後よりマッチメイクも世界向けに強化していく所存です」

●UFCホール・オブ・フェイマー:バス・ルッテンのコメント
「パンクラスからUFCに来た選手の数と試合内容を見れば、いかにMMAにとって重要なプロモーションか分かるはずです。私バス・ルッテン、ケン・シャムロック、フランク・シャムロック、ジョゼ・アルド、エヴァン・タナーはパンクラスからやってきてUFC王者になりました。船木誠勝、鈴木みのる、セーム・シュルトなどの偉大なファイターもパンクラスで激闘を繰り広げてきました。

 パンクラスはUFCと違うルールとリングでしたが、間違いなくMMAの歴史上最も重要な団体の1つです。新しいファンにかつてのパンクラスの試合を見て欲しいです。歴史的な事だけでなく、とにかくエキサイティングな試合です。私の試合を何試合か見てもらえれば、いかに昔は私が凄かったか分かるでしょう」

【大会・チケット情報】 10・4 パンクラス 「PANCRASE 270」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > ニュース