TOP > ニュース 一覧

【シュートボクシング】S-cup世界トーナメントにRIZINベネット参戦

2016/10/14(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

(左から)山口裕人、水落洋祐、シーザー武志会長、RENA、鈴木博昭、MASAYA

 11月11日(金)東京・TDCホールで開催される『SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup2016』の記者会見が、10月14日(金)都内にて行われた。

 会見では2年に一度開催されるシュートボクシングの立ち技最強格闘技世界一決定トーナメント『S-cup2016』の出場メンバーが発表され、日本人選手4名、外国人選手4名が参戦。

 日本人選手は出場が決定していた鈴木博昭(ストライキングジムAres)、MASAYA(シーザージム)のほか、WBCムエタイ日本&INNOVATIONスーパーライト級王者・山口裕人(山口道場)、REBELS65kg級王者・水落洋祐(はまっこムエタイジム)が新たに決定。

9月のRIZINで木村ミノルを秒殺KOしたチャールズ・“クレイジーホース”・ベネット

 そして外国人選手枠としてザカリア・ゾウガリー(オランダ)、タップロン・ハーデスワークアウト(タイ)のSB常連選手のほか、9月のRIZINで木村ミノルを秒殺KOしたチャールズ・“クレイジーホース”・ベネット(アメリカ)、“ボリビアの剛腕”HIDEKI(TEAM GLORIA)が決定。トーナメント組み合わせは後日発表となる。

 2014年トーナメント制覇に続いて連覇を狙う鈴木は「2年に1回のS-cupトーナメントはSBの中で一番大事な花形舞台だと思っています。この日のために過ごして、優勝するために全てを懸けます。出場メンバーの中でも一番大きな覚悟を持って優勝をもぎ獲りにいきます」と並々ならぬ意気込みを語る。出場メンバーについては「誰とやっても面白そう。メンバーを聞いて盛り上がっています。もちろん優勝することは使命ですが、一戦一戦のファイトを楽しませてくれるメンツが集まったと思います」とニヤリ。

 強打のパンチで20勝のうち13KOと高いKO率を誇る山口は「呼んでもらったからにはめっちゃ盛り上げたい。そして本気で優勝を狙いたい。一回戦では木村ミノル選手に勝ったクレイジーホースとやりたいので、シーザー会長お願いします」と初戦でのベネット狩りをアピールした。

●編集部おススメ記事
木村“フィリップ”ミノル、MMA初挑戦は屈辱の7秒KO負け
11・11SB世界トーナメントS-cupの開催が決定

【大会・チケット情報】 11・11 シュートボクシング協会「SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2016」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧