TOP > ニュース 一覧

【THE MATCH】新日本キックエース・江幡睦「一つの夢が叶った」Krush王者・璃明武「対応し切れなかった」

2022/06/19(日)UP

延長判定で勝利した江幡

 6月19日(日)東京ドームで開催中の『Yogibo presents THE MATCH 2022』の第3試合(-55.0kg契約)で、Krush王者の璃明武(K-1ジム総本部チームペガサス)を延長判定で下した、新日本キックのエース・江幡睦(伊原道場)が試合後インタビューに応じた。

【フォト】江幡と璃明武の激闘シーン

 江幡は、WKBA世界バンタム級王者で双子の弟・塁とともにムエタイ最高峰のラジャダムナンスタジアム認定王座を目指してきた。その経験を見せ、接戦となったが延長で璃明武を振り切った。

「一つの夢が叶った」と江幡

「大舞台で戦えて勝利出来て良かった。歴史が変わる試合をすると言っていたので、僕がしっかり勝たないといけないと思っていた。素晴らしい景色でした。いつかこの舞台で戦って『勇気や希望を与えたい』と思って、茨城から東京に来ました。一つの夢が叶ったんじゃないかな」と、江幡は嬉しそうにコメント。

 対戦した璃明武については「ジャブからの入りが良い選手でした」とをの技術を認める。延長で振り切った勝因は「左ミドルで距離が取れていた。安定して戦えたこと」と分析。

 これまでムエタイ戦士たちと、5R戦を戦ってきた江幡。「3R以上の戦いは慣れているので、4R目も迷いなく進んでいけた。ドローだったのでもう一回気持ちを引き締めて戦った」という。

 さらに「こういう風な舞台がまたできることを祈っています。格闘技が好きな皆さんもこういう試合を待ち望んでいると思う。これっきりではなく」と、将来再び対抗戦が開催されることを望んだ。

K-1王者への目標を語る璃明武

 一方の璃明武は「K-1の代表として選んでもらったので勝たないといけなかった。情けないです」とコメント。ムエタイでも戦ってきた江幡に対して、K-1選手との戦い方の違いを感じたようで「4Rの中で対応しきれなかった」という。

 最後に「目標はK-1の世界チャンピオン。これからしっかり勝って行ってK-1の世界チャンピオンを目指したい」と語った。

▶次のページ:【フォト】江幡と璃明武の激闘シーン

  • 1
  • 2

●編集部オススメ

・【THE MATCH】新日本キック王者の江幡睦が璃明武から延長判定勝利

・【THE MATCH】6.19 那須川天心vs武尊 全試合 結果 速報

・【THE MATCH】大会開催控え、東京ドーム前は大盛況!約6万人の観客動員へ

・【THE MATCH】天心と武尊が“バキバキ”マッスル計量パス!武尊は見事な58kgボディを作る

・【テレビ・配信】6.19 天心vs武尊は何時から?無料放送、地上波は?『THE MATCH 2022』生中継・配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > ニュース 一覧