TOP > 試合結果 一覧

【ボクシング】山中が神の目を退け9度目の防衛に成功

2015/09/22(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

山中が9度目の防衛に成功

帝拳プロモーション
「THE REAL ワールドプレミアムボクシング Vol.22」
2015年9月22日(火・祝)東京・大田区総合体育館

▼WBC世界バンタム級タイトルマッチ 3分12R
○ 山中慎介(帝拳ジム/王者)
判定2−1(115-113山中  115-113山中  115-113 モレノ)
●アンセルモ・モレノ(パナマ/前WBA世界バンタム級王者、同級2位/挑戦者)
※山中が9度目の防衛に成功 

 9度目の防衛戦に臨むWBC世界バンタム級王者・山中慎介(帝拳ジム)と、挑戦者・同級2位で前WBA世界バンタム級王者アンセルモ・モレノ(パナマ)による、WBC世界バンタム級タイトルマッチ。

 “神の左”と呼ばれる必殺の左ストレートに対しモレノはパンチを打ち、すぐに動いて相手のパンチをかわし、また打つというスタイルで相手の攻撃を見切るのが上手く、これまでKO負けが無いことから、“神の目”と呼ばれる。モレノの戦績は35勝(12KO)3敗で、身長169cm、リーチの長さは177cm。この体格を活かしたアウトボクシングを得意とする選手だ。

 1R サウスポー同士の対決、お互い右ジャブを出し合う。この試合はとにかく右のジャブが大事になると語っていた山中。山中のジャブもヒットするがモレノのジャブが度々山中の顔面を捉える。山中は右アッパー、左ボディブローをヒットさせる。

山中の左をギリギリでかわすモレノ

2R 序盤山中の左ストレートがヒット。終盤にはモレノのワンツーが山中の顔面を捉える。山中左をスレスレでかわす神技を見せるモレノ。

3R リーチのあるモレノのパンチを見切ることが増えてきた山中。山中は左ボディを左フックを当てていく。

4R 山中はステップを踏み始めモレノのジャブに距離をとりながらパンチを入れていく。モレノは足を止め低く構えながら山中のパンチをかわしジャブを返していく。

打ち合うもお互いの見切りが上手く拳が空を切る

5R 低い構えからワンツーを当てていくモレノ。中盤はお互い打ち合うもヒットはせずギリギリかわす。

6R 右ジャブを何度もヒットさせる山中、モレノは前に出て積極的にパンチを出し始め、山中の顎にヒットする場面も。

7R 山中はジャブから左ストレートを何度もボディをヒットさせる。顔面はかわされるが続けてボディを出すとヒットする傾向。モレノはジャブから左フックを山中に頬にヒットさせる。

8R 山中はジャブを数回ヒットさせるも後半モレノは踏み込んだ右フックをヒットさせる。

ここまでの採点で1ポイント差でモレノが上回る。

9R モレノはポイントを取りに行くべく積極的に手を出しに行く。モレノの右フックで山中がぐらつき、さらにピンチを迎えるがさらに右フックをもらい防戦一方となるが何とかしのぐ。

山中の左フック

10R  山中の左フックでモレノぐらつく。ラスト30秒で山中がラッシュをかける。ダメージのあるモレノは防戦一方となる。

11R 山中は積極的にワンツーを出していく。山中の左が2度ほどヒットする。モレノもジャブを当てていく。

12R 山中が打ち合いに行くがモレノはクリンチで逃げる。終盤山中の右、左を当てていくがダメージに至らず試合終了。

9度目の防衛を果たした山中

判定2-1で山中が9度目の防衛に成功した。

試合後山中は「4R後、これはいけると思いました。しかし中盤モレノのテンポが上がってきて距離感も分かってきたんで少しやり辛い部分もありましたが、ポイント差を考えたら最後頑張れば行けるかなと思って。正直気持ちだけでした。いいパンチ打ち込んでなかったんですが、気持ちで印象付けた勝利だったと思います。頂上決戦という割には内容的には満足のいくものではなかったと思いますが、また次あるので期待していてください。」とコメントした。

この大会の写真(全884枚)はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧