TOP > ニュース

【ボクシング】マイク・タイソン「マクレガーはメイウェザーにブッ殺される」

2017/07/26(水)UP

8月26日の対戦に向け会見で舌戦を展開するメイウェザー(左)とマクレガー(右)写真=getty

 8月26日、ラスベガスで行われるボクシング5階級制覇のフロイド・メイウェザーvs UFCライト級王者コナー・マクレガー。

 この“世紀の一戦”について、7月24日配信のアメリカのネットラジオ番組『Pardon My Take/パードン・マイ・テイク』に元ボクシングヘビー級王者のマイク・タイソンが、電話出演し、「マクレガーは、ボクシング・ルールじゃブッ殺される」と衝撃発言。

 続けて「俺はこの試合がボクシング・ルールだと聞いて頭に来たよ。だって俺は2人が総合格闘技ルールで試合するもんだと思ってたからな。ボクサーは総合(格闘技)の選手に勝てないってのか?」と、12Rのボクシング・ルールで行われる今回のメガマッチに不満を漏らした。

「マクレガーはまったくバカなルールを受けたもんだぜ。赤ん坊のころかボクシングをしてるメイウェザーにKOされるだろうからな。蹴ることも組みつくことも許されないんじゃマクレガーには、ほとんど勝つチャンスがないよ」

 そして、タイソンは、もし自分がマクレガーと試合するとしたら、「蹴りOKのルールでやってやったぜ」と、自身の現役時代を重ね、蹴りがあっても勝つ自信十分に語った。

 ちなみに、1976年に日本武道館で行われたモハメド・アリvsアントニオ猪木の異種格闘技戦では、プロレスラーの猪木は、投げ技や関節技を使うことは禁じられたが、脚への蹴りだけは許された。

 今回の試合は、パンチのみしか許されないボクシング・ルールなので、マイク・タイソンは、メイウェザーのKO勝ちを予想したが、果たしてマクレガーは一矢報いることができるか。

編集部オススメ
【コラム】マクレガーvsメイウェザー正式決定。マクレガーが勝つ5つの理由
PRIDEの記者会見にマイク・タイソンが登場=2006年8月

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース

イベント日程
2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック