TOP > ニュース

【RISE】那須川天心が防衛戦、相手は南米最強の男

2017/10/11(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

那須川(左)のRISE王座V2戦が決定。挑戦者は20本以上のベルトを獲得した南米最強の男イグナシオ(右)

 11月23日(木・祝)東京・TDCホールで開催の『RISE 121』で行われる『DEAD OR ALIVE TOURNAMENT』(通称DoA)の追加対戦カードが発表された。

 RISEバンタム級王者・那須川天心(TARGET)が、2度目の防衛戦を迎える。挑戦者はWKN世界57kg級&WKC世界60kg級王者イグナシオ“El Misil”カプロンチ(アルゼンチン)に決定。

 イグナシオは20本以上のチャンピオンベルトを持ち、戦績は72勝(34KO)3敗で“El Misil”(スペイン語でミサイルの意味)の如くテコンドーで培った強烈なミドルキックとバックキック、踵落としを武器にKOを量産。55kgから60kgまでのタイトルを総ナメにし現地では敵なし状態だという。

 9月大会に初来日し、RISEフェザー級5位・佐野貴信と対戦。2Rに右ハイキックでダウンを奪い、左フックで2R1分22秒、KO勝ちを収めた。その直後、リング上で「11月に有名な那須川天心と戦いたい」と挑戦に名乗りをあげ、那須川が「イグナシオ選手が僕とやりたいと言っていましたが、やっても1RでKO出来ると思います」と言っていたことについては「じゃあ、2Rで俺がKOするよ」と一笑に付した。

テコンドー仕込みの蹴り技を得意とするイグナシオ

「対戦相手がいなくて重い階級でやっているが、55kgがベストな階級。100%テンシンに勝てる」と言い放つイグナシオ。これまで戦ってきた外国人選手の中でも最強レベルの挑戦者を迎え、那須川はタイトルを防衛することが出来るか。

●編集部オススメ記事
・那須川天心に対戦迫るイグナシオ「100%KOする自信ある」
・イグナシオが初来日試合を行った「RISE 119」の全試合結果

<決定対戦カード>

▼RISEバンタム級(-55kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
那須川天心(TARGET/RISEバンタム級王者)
vs
イグナシオ“El Misil”カプロンチ(アルゼンチン/Dojo Serpiente/WKN世界57kg級王者、WKC世界60kg級王者・挑戦者)

【大会・チケット情報】 11・23 RISEクリエーション「RISE121」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース