TOP > ニュース

【DEEP】前澤智vs桐生祐子の計量ビジュアル対決

2017/10/20(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

共に自分のキャラを反映させたかのようなコスチュームで計量に臨んだ前澤(左)と桐生(右)

 10月21日(土)東京・ディファ有明で開催される『DEEP 80 IMPACT』の計量が、20日(金)都内にて12:30より行われた。

 今大会で唯一組まれた女子マッチ、第15試合で対戦する前澤智(リバーサルジム 立川 ALPHA)は47.85kg、桐生祐子(BRAVE)は47.75kgでそれぞれアトム級リミット(47.6kg+1ポンド=約450グラムオーバーまでは認められる)をクリアーした。

 当初、前澤はアジアのビッグMMA(総合格闘技)プロモーションである『ONE FC』を主戦場にする“リアル春麗”ジェニー・フアン(台湾)との対戦が決まっていたが、フアンが練習中の怪我により欠場。代わって桐生と対戦することになった。

自信満々の前澤智

 前澤は柔道をベースに持ち、デビュー戦でいきなり『DEEP JEWELS』のエース格・長野美香と対戦。2016年11月には元DEEP JEWELSライト級暫定王者・富松恵美に一本勝ちしてタイトル戦線に名乗りを上げたが、5月大会でSARAMIにTKO負け。タイトル戦線から一歩後退したが、8月には韓国のMMAプロモーション『ROAD FC』に乗り込み、DEEP JEWELSフライ級王者しなしさとこに約9年ぶりの黒星を付けた女子高生ファイターのイ・イェジを破った。今回は凱旋試合となる。

番狂わせを狙う桐生

 対する桐生はアマチュアキックで3戦全勝。韓国の『TOP FC』でプロMMAデビューを果たし、米国メジャーイベント『WSOF-GC』にも参戦するなど破格の扱いを受け、国内では現在3連勝中。5月の『DEEP JEWELS』では腕十字で一本勝ちを収めている。

 前後にスヌーピーがプリントされたアンダーウェアで計量に臨んだ前澤には、関係者から思わず「カワイイ」との声が漏れた。計量後には「試合が無くならずに済んだので、桐生選手には感謝しておりますが、相手選手が変わったことで、私の中の何かが変わることはありません。やるべきことをやるだけだと思っていますし、キャリアの違いを見せたいと思います」と、相手の変更でモチベーションが落ちることもなく、格の違いを見せつけると意欲を燃やす。

フェイスオフでにらみ合う…はずが、思わず笑ってしまった両者

 さらに、「DEEPはJEWELSとはまた客層も違い、ジョシカクなんて……と思う方もいるかもしれませんが、盛り上がる試合になるはずです。今回は入場から頑張りますので、DEEPファンの皆さんよろしくお願いいたします」と、入場から魅せて男子の試合を喰うつもりだ。

 一方、5月の試合に続いて健康的にこんがりと小麦色に焼けた肌と、みごとに引き締まった腹筋で現れた桐生は、大胆でカラフルなチューブトップの水着で計量に臨んだ。

 桐生はそのルックスとは裏腹に「今回の試合はほとんどの方が前澤選手が勝つと思われていると思いますが、ここで勝っていかないと上には上がっていけないと思っています。私も強い選手と戦えるんだということを明日証明するので、皆さん期待していて下さい」と、番狂わせを狙う強気なコメントを残した。

●編集部オススメ
・“リアル春麗”ジェニー・フアン欠場、前澤智の相手が桐生祐子に変更
・前澤智が勝利した「ROAD FC 041」の全試合結果

【大会・チケット情報】 10・21 DEEP事務局「DEEP 80 IMPACT」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」、「」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース