TOP > ニュース

【UFC】薬物違反アンデウソンの代役でビスピンが上海大会出場

2017/11/14(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

元UFCミドル級王者、現同級2位マイケル・ビスピン

 11月25日(土・現地時間)中国・上海 メルセデス・ベンツ・アリーナで開催される『UFCファイトナイト上海』のメインイベント、ケルヴィン・ガステラム(アメリカ)の対戦相手が発表された。

 当初、ガステラムはアンデウソン・シウバとの対戦を予定していたが、アンデウソンはアンチ・ドーピング違反の疑いがあるとして対戦カードから除外。その代役選手として、ミドル級ランキング2位マイケル・ビスピン(イギリス)が出場する。

 UFCで最も成功を収めた選手の一人として知られるビスピンは長きに渡るMMAキャリアを通してオクタゴンで20勝をマークし、史上最多タイ記録を保持している。11月4日の『UFC217』でジョルジュ・サン・ピエールとのスリリングなバトルを繰り広げたビスピンは自らの力を証明し、再びタイトル戦線の浮上を狙う。

サンピエールと激闘を繰り広げたマイケル・ビスピン

 一方、ガステラムはビスピンと同じUFCのリアリティ番組“ジ・アルティメット・ファイター(TUF)”出身で、まだ26歳ながら、これまでにティム・ケネディ、ジョニー・ヘンドリックスといった強豪を倒しており、ビスピンを打ち負かしてタイトル挑戦権を得ようと意気込んでいる。

 また、セミファイナルにはリー・ジンリャン(=李景亮、中国)とザック・オットー(アメリカ)のウェルター級マッチが組まれ、地元ファイターのリーは母国ファンの声援を後押しに、重要な一戦に臨む。リーはこれまでフランク・カマチョ、ボビー・ナッシュ、ディエゴ・リマといった選手を撃破。対するオットーは1Rで勝利を決めたことが7度ある短期決着ファイター。

●編集部オススメ
・元絶対王者アンデウソンがまたも禁止薬物違反
・サンピエールが4年ぶり復帰戦で劇的一本勝ち、二階級制覇を達成

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース