TOP > ニュース

【RIZIN】絞め落とされたRENA、直後にリベンジ宣言「必ずやり返す」

2018/01/01(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

これまで連勝街道を突っ走ってきたRENAが、浅倉カンナに絞め落とされるという衝撃的な結末を迎えた

 2017年12月31日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』。同大会で行われた「RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント」は決勝戦で、これまで快進撃を続けてきたRIZIN女子部門のエースRENA(シーザージム)が、浅倉カンナ(パラエストラ松戸)に絞め落とされるという衝撃的な結末を迎えた。

 試合後、意外にも明るい表情でインタビュースペースに現れたRENAは「MMAの厳しさ、難しさを教えてもらった、学んだ試合でした」と試合の感想を語り始めた。

 敗因については「準決勝は右で倒せて(体重が)乗ったパンチも打てたのでいけるという感覚があった。決勝でも戦っているうちにいけるなって思ってしまった。そこから展開がおかしくなった。それがMMAの厳しさだと思う」と、油断があったと振り返る。

「(チョークが)来るなとは思っていたんですが、反応がちょっと遅かった。変な自信でいけると思ってしまったので、それが隙でした、甘かった。(バックを取られた時の)練習はしていましたし、立って打撃と思っていました。油断していたのはあります。調子に乗ったのがよくなかった。いつも練習では(対応が)出来ていたんですが、試合と練習は違う」

 落ちるまでタップ(ギブアップの意思表示)しなかったのは「絶対に負けたくなかったので。逃げられると思っていたし。初めて落ちたけど楽しい夢を見ていました。気付いたらみんなが周りにいてなんなんだこれは、と思いました」と、最後まで諦めなかったからだという。

 敗れた直後はうなだれ、セコンドに就いたInvicta FC世界アトム級王者・浜崎朱加の肩に顔をうずめていた。「ウソ泣きだったと言いたいですが、心の汗が少しにじみ出ました」と笑った。

「悔しいけれども、MMA(総合格闘技)はまだまだ始めて2年。まだ2歳なので私のストーリーが面白くなるのはここからです。負けるのが久しぶりすぎて、周りの人から腫れものに触るみたいに扱ってもらえるが全然大丈夫。出し切ったので、これで負けたら仕方ないと思っています。2年でここまでよくやったなと胸を張って言えると思う。2年でメイン、トーナメントの決勝まで行って。優勝できるまでは甘くなかったです。私の人生は負けてから始まるので。負けてニュースになるような女じゃないとダメだなって思います」と、すでに気持ちを切り替えていた。

 試合後のリング上では浅倉に直接「必ずやり返す」と伝えたという。

「せっかく(女子が)ここまで盛り上がったのに、最終的に一番になるのは私なので。(無敗だった)6年間がうまいこといきすぎていた。ここから私は始まる。リベンジしか考えていません」と、最後に勝つのは自分だと言い切った。

 次回の試合について聞かれると「正直分からないけれど、2年間つきつめて頑張ったので、心と体をリセットしたいと思います」と、今は休養したいとのこと。

 コメントを終えたRENAは、最後に「来年はRENAちゃんの大進撃が始まるので、みなさんお楽しみに」と手を振って去っていった。

●編集部オススメ

・浅倉カンナがRENAを絞め落としトーナメント制覇

・【RIZIN】試合結果速報=2017年12月31日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース