TOP > ニュース

【クンルンファイト】REBELSからUMA、RISEから森田崇文らが出場

2018/03/29(木)UP

2月にK-1ファイターの小鉄に勝利したUMA

 4月15日(日・現地時間)北京のKUNLUNファイト コンバットセンターで開催される『Kunlun Fight 72』に、日本からUMA(28=K&K BOXING CLUB)、TOMOYUKI(38=Legend Dragonジム)、森田崇文(31=フリー)の出場が決定した。

 UMAは北海道を拠点に活躍する元REBELS 65kg王者。元ムエタイ世界王者のタップロンから日本人で初めてKO勝ちを奪った実力者だ。クンルンファイトには昨年6月に初参戦、中国人選手に判定で敗北している。大舞台で初勝利をつかみたいところだ。

 相手の百立帰(=BaiLishuai/中国)はクンルンファイトでは7勝(1KO)4敗の24歳。昨年5月の『KUNLUN FIGHT 61』ではWBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者の宮越慶二郎と対戦し、判定負けを喫している。

歴戦のTOMOYUKIがクンルンファイト世界選手兼予選に出場

 TOMOYUKIは初代MuayThaiOpenスーパーウェルター級王者で第3代NJKFスーパーウェルター級王者というベテラン。クンルンファイトにも過去何度も出場している。
 2016年7月に引退試合を行い、地元・関西でLegend Dragonジムをオープン。会長職を務めてきたが、関西でのムエタイ普及のために昨年4月に現役復帰した。

 対戦相手の呉雪松(=Wu Xuesong)はクンルン戦績11勝(5KO)7敗の25歳。この試合は毎年開催されている総勢64名による70kg世界トーナメントの予選として行われる。

「戦う漫画家」森田(右)は、2月に6年ぶりの復帰戦でKO勝ち

 第3代RISEミドル級元王者の森田は、漫画家を目指しており“戦う漫画家”の異名も持つ。今年2月には6年ぶりにリング復帰し、ハイキックでKO勝利を収めた。

 相手の祝宝通(=Zhu Baotong/中国)はクンルン5勝(2KO)2敗の23歳。身長185cmで長いリーチを持つ。この試合は70kg世界トーナメントのリザーブファイトとして行われる。

<決定対戦カード>
▼65kg Super Fight
百立帰(Bai Lishuai=中国)
vs
松井裕馬(UMA=K&K BOXING CLUB/元REBELS 65kg級王者)

▼2018 KLF 70kg World Championship Qualifying
呉雪松(Wu Xuesong=中国)
vs
西川智之(TOMOYUKI=Legend Dragonジム/初代MuayThaiOpenスーパーウェルター級王者)

▼2018 KLF 70kg World Championship Reserve Fight
祝宝通(Zhu Baotong=中国)
vs
森田崇文(フリー/第3代RISEミドル級元王者)

 

●編集部オススメ

・UMA、タップロンを番狂わせKO

・“戦う漫画家”森田 6年ぶり復帰はKO勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース