TOP > ニュース

【ZST】伊藤盛一郎が返上したベルトを懸け竿本樹生と加マーク納が激突

2018/04/26(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

竿本(左)vs加マーク納(右)。ZSTらしい動きのある試合が期待される

 5月12日(土)東京・新宿FACEにて開催される『ZST.60』の対戦カードが発表された。
 
 第3代ZSTフライ級王者・伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム)が昨年返上した王座を懸け、竿本樹生(21=BRAVE GYM)vs GLADIATORフライ級王者・加マーク納(29=かまーくのう/総合格闘技道場コブラ会)の第4代ZSTフライ級王座決定戦が決定。
 
 シドニー五輪レスリング・フリースタイル63kg級日本代表でありベテランMMA(総合格闘技)ファイターの宮田和幸が率いるBRAVE GYM。同ジムの内弟子である竿本は、レスリングで高校インターハイ3位、ジュニアオリンピックカップ2位、全国高校グレコローマンスタイル2位の実績を持つファイター。MMA戦績は10戦8勝2敗。

チーム中井祐樹とのグラップリングマッチでは引き分けたチーム宮田和幸。上が竿本

 3月の『ZST.59』では、同門の坂巻魁斗とタッグを組み、2対2のグラップリングタッグマッチ(組み技限定ルール)に参戦。中井祐樹の弟子である己吏人(きりひと)&上田直毅と対戦し、時間切れドローとなっている。
 
 対する加マーク納は柔道をバックボーンとし、高校柔道で兵庫県大会優勝という実績を持つ選手。パンクラス、HEATなどに参戦している。昨年8月には、関西を中心に開催されている格闘技イベント『GLADIATOR』でフライ級王者となった。

昨年8月、GLADIATORフライ級王者となった加マーク納(左から3番目)

 竿本がここでベルトを獲りさらに上のステージへ進むのか。それとも加マーク納が二冠王となるのか。
 
 また、Fighting Nexusのタイガー石井(とらの子レスリングクラブ)も参戦し、3月のZST本戦デビューを見事な一本勝ちで飾った佐々木亮太(蒼天塾 あざみ野道場)と対戦する事が決まっている。
 
<決定対戦カード>

▼第4代ZSTフライ級王者決定戦 ZSTタイトルマッチルール 5分3R
竿本樹生(21=BRAVE GYM)
vs
加マーク納(29=総合格闘技道場コブラ会/GLADIATORフライ級王者)

▼ZSTルール フライ級 5分2ラウンド
佐々木亮太(蒼天塾 あざみ野道場)
vs
タイガー石井(とらの子レスリングクラブ)

▼ZSTルール フェザー級 5分2R
島村裕(総合格闘技宇留野道場)
vs
小川将貴(ピロクテテス新潟)

▼ZSTルール フェザー級 5分2R
直斗(総合格闘技宇留野道場)
vs
木下尚祐(和術慧舟会GODS)

▼ZSTルール ストロー級 5分2R
児玉勇也(トイカツ道場/とらの子レスリングクラブ)
vs
石綱テツオ(ISHITSUNA MMA)

▼ZSTルール フライ級 5分2R
中島康輔(HIDE’S KICK!)
vs
駒杵嵩大(クレイジーアーマメント)

<参戦予定選手>
マックス・ザ・ボディ(BRAVE GYM)
田村淳(拳心会)
小林優(パラエストラ吉祥寺)
若林康浩(SAY-GYM)

●編集部オススメ

・チーム宮田和幸vsチーム中井祐樹のグラップリングマッチは痛み分け

・加マーク納がGLADIATORフライ級新王者に輝く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース