TOP > ニュース

【RIZIN】浅倉カンナvsRENAの再戦が正式決定、RENAは7月2連戦

2018/05/29(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

浅倉(左)とRENA(右)の再戦が決定

 7月29日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.11』と、7月6日(金)東京・TDCホールで開催されるシュートボクシング(以下SB)主催・女子格闘技の真夏の祭典『Girls S-cup 2018』の合同記者会見が、5月29日(火)都内にて行われた。

『RIZIN.11』にてRIZIN女子スーパーアトム級トーナメント優勝者・浅倉カンナ(20=パラエストラ松戸)vsシュートボクシング世界女子フライ級王者RENA(26=シーザージム)の再戦が決定。

昨年末のトーナメント決勝で、RENAは浅倉のチョークスリーパーで絞め落とされ一本負け

 両者は昨年大みそかに「RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント」の決勝戦で激突。浅倉がRENAをチョークスリーパーで絞め落とす衝撃決着で勝利し、初代王者に輝いた。RENAはその直後から浅倉へのリベンジを表明し、5月に行われたRIZIN福岡大会のリング上で試合直後の浅倉に再戦をアピールしていた。

 RENAはまず『Girls S-cup 2018』でMMA(総合格闘技)の試合を行い、そのわずか23日後に『RIZIN.11』で浅倉と対戦する試練の2連戦に挑むことが決まった。

 RENAは「いろいろな声があると思いますが、熱は冷めては意味がないと思います。リング上であんな大失恋をしたことはないのですが、試合を受けてくれた浅倉選手に感謝しています。

 年末のトーナメントでは上がって来て欲しくない選手で、リング上で会ったら切り替えが出来なくて、私の中ではカンナちゃんでした。いま考えるとそこがダメだったと思います。でも5月に対戦をアピールした時から倒すべき相手・浅倉カンナ選手として切り替えが出来ているので、次はしっかり勝って女子の中心の座は私なんだぞということを取り戻したい」とコメント。

 再戦を受けるカンナは「RIZINの女子格闘技を盛り上げて来たのはRENAさんで、トーナメントが出来たのもRENAさんの活躍のおかげだと思います。1回勝ったくらいでそれを越せたとは思いません。しかしMMAファイターとして、チャンピオンとして、次はタップ(ギブアップの意思表示)してもらおうと思います。RENAさんは2連戦で大変だと思いますが、お互いベストコンディションで7月は2人で面白い試合をしていければと思います」と語った。

 試合は5分3R、ヒジ打ちありのルールで行われる(前回は禁止)。

<決定対戦カード>

▼RIZIN女子MMAルール 49.0kg契約 5分3R ※ヒジ打ちあり
浅倉カンナ(20=パラエストラ松戸/RIZIN女子スーパーアトム級トーナメント優勝者)
vs
RENA(26=シーザージム/シュートボクシング世界女子フライ級王者)

▼RIZIN女子MMAルール 49.0kg契約 5分3R
石岡沙織(30=禅道会)
vs
山本美憂(43=KRAZY BEE)

●編集部オススメ

・浅倉カンナが完勝、試合後にRENAが再戦アピール

・浅倉カンナ、RENAとの再戦は「いつでもやる。こっちも死に物狂いで行く」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース