TOP > 試合結果

【修斗】堀口恭司、ついに世界王座に就く!目指すはUFC

2013/03/16(土)UP

サステイン
「インターナショナル修斗コミッション認定
プロフェッショナル修斗公式戦2013年第2戦
~東日本大震災復興支援チャリティ~」
2013年3月16日(土)東京・後楽園ホール

▼メインイベント(第9試合) 世界フェザー級チャンピオンシップ 5分5R
○堀口恭司(KRAZY BEE/世界フェザー級2位/挑戦者)
一本 2R1分35秒 ※スリーパーホールド
●扇久保博正(パラエストラ松戸/王者)
※堀口が第9代王座に就く。扇久保は初防衛に失敗。

 注目の世界タイトルマッチが実現! 挑戦者の堀口はプロデビューから6連勝、修斗公式戦では8勝(6KO)1敗という戦績を誇り“超新星”として注目を集める選手。今回が念願の世界王座初挑戦となる。

 一方の扇久保は昨年5月に岡嵜康悦に一本勝ちして世界王座を獲得。約10カ月ぶりの試合で堀口の挑戦を受けることとなった。

 1R、扇久保は挨拶代わりの拳を合わせると同時に奇襲攻撃の蹴りを繰り出し、その後にタックル。これは堀口が切って上になる。しがみつく扇久保に堀口は右フックを連打。立ち上がった堀口は上からパンチを見舞うが、扇久保が素早く起き上がってタックル! そのままマウントを奪う。しかし、堀口も立ち上がることに成功。

 タックルに来た扇久保を潰して上からパンチを見舞う堀口。立ち上がろうとするが、扇久保は堀口の腕を脇に抱えて放さない。ならばと堀口はパンチを連打。上に乗った堀口に扇久保は三角絞めを仕掛けようとするが、堀口はすぐに離れる。扇久保がタックルから堀口の片足を持って振り回し、倒したところでラウンド終了。スピーディーな展開に場内からは拍手が沸き起こる。

 2R、堀口の前進するフェイントに引っかかった扇久保はタックル、堀口は押し倒すようにして上に乗り、パンチ連打を見舞う。堀口は離れて立ち上がり、扇久保は頭を低く下げて前進しながらしつこいタックルにいくが、ここでバックを奪ったのはなんと堀口! スリーパーホールドを極め、扇久保から一本を奪った。

 ついに世界王座のベルトを腰に巻いた堀口は「やっとベルトを巻くことが出来ました。自分は狙ってなかったですけれど、チャンスがあったので絞めてみました(笑)。練習でよくやっているので練習の成果が出て嬉しいです。Krazy Beeは全体的にレベルが高いので、どんどんベルトを取ってジムに貢献したい」とマイクアピールし、ガッツポーズで声援に応えた。

 インタビュースペースでは、寝技を得意とする扇久保から寝技で勝利を奪うという意外な決着に、「寝技も練習しているので、寝技も出来るぞってところが見せられてよかった」と堀口。「ビビりながら遠い間合いからタックルで入ってきたから打撃のプレッシャーがかかっていたと思う。1Rの時に正直、2Rか3RでKOと考えていましたね」と試合を振り返った。そして、「もっと上の舞台でやりたい。やっぱりUFCに出たいですね」と改めてUFC参戦を希望した。


 


▼セミファイナル(第8試合) 環太平洋ライト級タイトルマッチ 5分3R
○矢地祐介(KRAZY BEE/環太平洋ライト級王者)
判定3-0 ※30-28、29-28、29-28
●星野勇二(和術慧舟會GODS/環太平洋ライト級5位・挑戦者)
※矢地が初防衛に成功。

 昨年11月11日、美木航との王座決定戦を制し、第5代環太平洋ライト級王者となった矢地が初防衛戦を迎える。挑戦者は同級5位の星野。思い切りのよい打撃と関節技を得意としている矢地は、現在4連勝中と波に乗っている22歳の若き王者。対する星野はレスリングをバックボーンに持ち、2000年にデビューしたベテラン選手だ。金網総合格闘技のケージフォースではフェザー級王座に就いたこともある。

 1R、矢地はサウスポーからのジャブ、飛び込んでのワンツー。両者フットワークを使って間合いを取り合う。矢地は左ハイキックを見せるが、星野がタックル。

 矢地はテイクダウンさせずに離れる。再び組み付いた星野は矢地をテイクダウンしに行くが、矢地もコーナーやロープを背にして倒れない。矢地は左右フックを放って離れ、左ミドルキック。さらにパンチで前に出ると星野も打ち返す。再び左ミドルを決める矢地。鈍い音が場内に響く。

 2R、フットワークを使って間合いを取り合う両者。星野の片足タックルは矢地がすぐに抜け出す。矢地は左ミドル。

 矢地の左ミドルに右ストレートを合わせる星野だが、前に出たところで矢地のフックをもらう。星野がタックルでテイクダウンを奪い、首に腕を巻いて上から抑え込む。いいポジションになったが、ラウンド終了。

 3R、星野が片足タックル。脱出した矢地が左フック! さらに左右フックで襲い掛かるが、星野は離れる。矢地がフェイントで圧力をかけ、星野のタックルに左ミドルを合わせる。

 星野の片足タックルは矢地がすぐに足を引き抜く。パンチで前に出る星野に矢地は右フックを入れて右へ回り込み、すぐに左ミドル。星野が両足タックルに行くが、矢地は両膝を着いてテイクダウンを防ぎ、立ち上がる。

 矢地が左右フック、星野がパンチで前に出ると右フックを放って回り込む。そして左ミドル。星野は最後にタックルへ行ったが、これも矢地に防がれた。

 判定は3-0で矢地の勝利。矢地は「いや~もうすいません! 今日は凄い人が入っているのにしょっぺえ試合してすいません。もっともっと強くなるので、もっともっと世界へ向かって駆け上がっていくので、それまで応援してもらっていいですかね」と、苦笑いしながらマイクアピールした。


 

▼第7試合 67kg契約 5分3R
○宇野 薫(UNO DOJO/元・修斗世界ウェルター級王者)
一本 1R4分10秒 ※スリーパーホールド
●キム・キュハ(韓国/BD.BJJ GYM)

 宇野は昨年9月30日、約8年ぶりに古巣・修斗のリングに参戦し、パンクラス王者・石渡伸太郎に判定で敗れはしたものの修斗史上に残る激闘を繰り広げた。その宇野が9月大会に続いての連続参戦。当初はパク・ドンキュ(韓国)との対戦が発表されていたが、パクが練習中に頚椎を負傷して欠場。代わってキムが宇野と対戦する。キムはMMA(総合格闘技)戦績3勝、キックボクシング3勝の戦績で、堅実なポジショニングキープから徹底的にパウンドを落としていく荒々しいスタイルの選手だという。

 現在2連敗中の宇野が2011年5月29日の西浦“ウィッキー”聡生戦以来となる勝利をあげることが出来るか、それともキムがこのチャンスをモノにして金星を得るのか!?

 1R、宇野が左ストレートから組み付く。離れ際にパンチを入れながら片足タックルに行き、一度はテイクダウンする宇野だったが、キムはすぐに立ち上がる。バックに回ろうとする宇野をキムは抱えて止めるが、宇野はバックを奪ってスリーパーの体勢に。

 しかし、キムは脱出に成功し、立ち上がる。すぐに組んでいく宇野が再びバックを奪う。キムは正対してバックを奪い返すが、宇野は自ら倒れ込みながら腕十字を狙う。すぐにバックを奪って背後からのパンチを連打。そしてスリーパーへ! これが極まり、宇野が一本勝ちで復帰戦を飾った。

 宇野は「キム選手は短い時間で試合を受けてくれて感謝しています。練習した成果を出そうと思った、それだけでした。こうやってまだ自分は格闘技が出来る環境に感謝しています。家族、スタッフ、友だち、お客さんに感謝しています。もう少し、納得するまで格闘技をやりたいと思います」と挨拶し、場内は拍手に包まれた。


 

▼第6試合 フェザー級 5分3R
○山本賢治(修斗GYM東京/インフィニティトーナメント・フェザー級優勝)
判定3-0 ※30-27、29-28、30-27
●井上 学(UWFスネークピットジャパン/世界フェザー級10位)

▲井上(下)を判定で下した山本賢治(上)

▼第5試合 ライト級 5分3R
○田中半蔵(シューティングジム横浜/環太平洋ライト級6位)
KO 1R49秒 ※スタンドパンチ
●門脇英基(和術慧舟會東京本部/環太平洋ライト級9位)

▲1RKO勝ちした田中半蔵(右)

▼第4試合 ウェルター級 5分3R
○榊 真嗣(KRAZY BEE/2012年度ウェルター級新人王&MVP)
判定2-1 ※29-28、28-29、29-28
●冨樫健一郎(パラエストラ広島/ウェルター級級世界4位)

▲冨樫(左)と激しく殴り合う榊真嗣(右)

▼第3試合 ミドル級 5分2R
○佐藤洋一郎(グレイシーバッハ東京)
判定2-1 ※20-18、19-20、20-18
●高木健太(PUREBRED川口REDIPS)

▲高木健太(左)に右ミドルを見舞う佐藤洋一郎(右)

▼第2試合 ミドル級 5分2R
○井上雄策(PUREBRED川口REDIPS/2010年ミドル級新人王)
KO 1R58秒 ※パウンド連打
●クレイジードッグ・デソン(韓国/TEAM POSSE)

▲井上雄策(上)が秒殺KO勝ち

▼第1試合 ウェルター級 5分2R
○川村文彦(KRAZY BEE)
判定3-0 ※三者とも20-18
●藤石義和(ピロクテテス新潟)

▲川村文彦(上)が判定勝ち

 
 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果