TOP > 試合結果

【イノベーション】高橋幸光、町田との王者対決を制しK-1参戦アピール

2015/12/12(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

JAPAN KICKBOXING INNOVATION
「CHAMPIONS CARNIVAL2015」
2015年12月12日(土)東京・ディファ有明

「狙っていた」というヒジで町田(左)からTKO勝ちした高橋(右)

▼第11試合 スーパーファイト 62kg契約 3分5R
高橋幸光(はまっこムエタイジム/元J-NETWORKライト級王者、MA日本ライト級王者)
TKO 3R2分18秒 ※ドクターストップ
町田 光(橋本道場/WPMF世界スーパーフェザー級王者 INNOVATIONスーパーフェザー級王者、REBELSスーパーフェザー級王者)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 2015年最終興行の最終試合でMA王者・高橋とイノベーション王者・町田の現役王者対決が実現。町田と高橋は2010年5月MAのリングで対戦しており、町田が勝利している。

 1Rからプレッシャーをかける町田が右ミドル、居合いパンチを振り回し早くも仕掛ける。高橋は冷静に距離を取り左ミドルを返していく。

 2R、手数を増す町田が前に出ると「狙っていた」という左ヒジがクリーンヒットし、町田は眉間をカットしドクターチェックが入る。再開後、パンチのラッシュを仕掛ける町田に対し、高橋は左ストレートで傷口を狙い打ちし、町田の出血がひどくなると2度目のドクターチェックが入る。その後、町田は前に出続け、距離を取る高橋は飛びヒザをお見舞い。

 3R、止まらない町田の手数の前に押され気味の高橋はパンチと蹴り技で距離を取る。

 終盤に高橋が左の縦ヒジを合わせ町田の傷口をえぐる。ここで3度目のドクターチェックが入ると、ドクターが試合をストップ。

高橋(左)は観戦に来ていた木村ミノル(右)の前でK-1参戦をアピール。リングを降りて2ショット撮影

 勝った高橋はMAのベルトを巻き、「ヤスユキとやりたいと報じられているが、町田選手の邪魔をしたかっただけ。階級を上げてK-1に出たい」とアピール。パンチ主体の選手が多いK-1で蹴り技で盛り上げるのは僕しかいないと参戦を希望した。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら


 

ナコンレック(右)に左ミドルを見舞う宮元(左)

▼第10試合 スーパーファイト 57kg契約 3分5R
宮元啓介(橋本道場/WBCムエタイインターナショナルスーパーバンタム級王者、INNOVATIONスーパーバンタム級王者)
TKO 4R2分39秒 ※セコンドからタオル投入
●ナコンレック・エスジム(タイ/元ルンピニースタジアム認定フライ級王者)

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 宮元は9月にWBCムエタイ・インターナショナル・スーパーバンタム級タイトルを獲得後、初の試合。今回はWBCムエタイ世界タイトルを視野に入れた一戦となった。対戦相手のナコンレックは元ルンピニースタジアム認定フライ級王者の肩書きを持つ32歳。11月の新日本キックでは日本フェザー級3位・石原將伍と対戦しており、今回日本で2戦目となる。

 1R開始早々にナコンレックが強烈な左フックを宮元にお見舞いし場内がどよめく。宮元はナコンレックのパンチを冷静にブロックすると、左ロー、左の三日月蹴りをこつこつ当て終了間際には強烈な左ボディをお見舞い。

 2R、宮元は左ミドル&ローでプレッシャーをかけ、ナコンレックは下がりながらも前蹴りを返す。じっくりと様子見のナコンレックはハイスピードの右ミドルを出し宮元をおびやかす。

 3R、宮元は変わらずプレッシャーをかけ、徐々に手数の減ってきたナコンレックはロープを背負いながら追い込まれる展開に。宮元はローから左ボディ、左右フックと上下に散らすコンビネーションでナコンレックを追い込む。

 4Rには、宮元が左の三日月蹴り、左ボディブローをクリーンヒットさせナコンレックが遂にダウン。立ち上がるナコンレックに宮元がラッシュを仕掛けると、ナコンレックが再びダウン。ここでセコンドからタオルが投入され、宮元がTKO勝ちした。

※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果

イベント日程
2015年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る