TOP > 試合結果個別

【DEEP JEWELS】“女アウトサイダー”、カワイイ女子相撲選手に判定勝ち

2017/12/03(日)UP

顔面へのパウンドは禁止されているためボディへパンチを打ち込む山崎

DEEP事務局
「DEEP JEWELS 18」
2017年12月3日(日)東京・新宿FACE

▼第1試合 DEEP JEWELSアトム級 3分2R アマチュアルール
〇山崎桃子(CRAZY ARMAMENT)
判定3-0 ※20-18、19-18、20-19
●吉川桃加(禅道会)

 山崎は転校した中学で無視されるなどのいじめを受けたが反撃を開始し、荒れた青春時代を送ったという。喧嘩で数々の武勇伝を残して前田日明が主宰する『THE OUTSIDER』に初の女子選手として出場、2勝3敗の戦績を残した。DEEP JEWELSには5月大会からアマチュアルールで参戦し、1勝1敗で今回の試合を迎えた。

 対する16歳の女子高生・吉川は8月19日に『有吉反省会』でも放映された『第8回全日本女子相撲郡上大会』(日本女子相撲連盟主催)にて、初戦で番組の企画で出場してきたタレントのぱいぱいでか美と対戦し、よりたおしで3秒で勝利。短い放送時間だったが、細いのに強いインパクトとルックスの良さから、放映直後にはSNSで「可愛すぎる」と話題となった。

 1R、パンチで攻める山崎に組み付いてコーナーへ押し込む吉川。投げでテイクダウンを狙う吉川だが山崎が防ぎ、離れると山崎がパンチ。

 2Rも組み付いて投げを狙った吉川だが、倒れたところで山崎が上下を入れ替え、上からボディへパンチを落とす。抑え込んでのヒザ蹴りも繰り出し、山崎が判定で連勝を飾った。

 山崎はマイクを持つと「判定になってしまったんですが何とか勝つことが出来て嬉しいです。皆さんのおかげです」と喜びを語った。

※全試合結果はこちら

関連記事

関連記事をもっと見る≫




TOP > 試合結果個別