TOP > ニュース

【K-1】トーナメント出場の篠原悠人、ゴンナパーに「勝つ自信がある」

2018/12/04(火)UP

ライト級に階級を下げたばかりの篠原がトーナメント参戦

 12月8日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)にて開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~』。

 同トーナメントに出場する第6代Krushスーパー・ライト級王者・篠原悠人(20=DURGA)は、優勝候補の第5代Krushライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレック(25=タイ/WSRフェアテックスジム)と1回戦で対戦する。

 篠原は、今年8月のKrushスーパー・ライト級タイトルマッチで中澤純に勝利し戴冠。その後階級を下げ、初めてのライト級戦となる。

左フック直撃でダウンを奪い、KO勝利の篠原

 篠原は「トーナメントをやるなら一回戦の相手はゴンナパーになるだろうと思っていました。一回戦でいきなり(ゴンナパーと誰かの)再戦になることはないと思っていたので、初対戦の自分がやることになるんだろうなって。だから正式にゴンナパー戦が決まる前からサウスポー対策は続けていました」と対決は予想済みだったと明かす。

 ゴンナパー攻略について「確かにゴンナパーは強い選手ですけど、勝つ自信があるんですよね。特に根拠はないんですけど」と笑う。

強打でダウンを奪う、1回戦の相手・ゴンナパー

「ベルトを獲るまで挑戦者決定トーナメントだったり、タイトルマッチだったり、絶対に勝たなアカンというプレッシャーが強くて試合を楽しめてなかったんですよね。でも今回は地元・大阪の試合で、プロでワンデートーナメントに出るのも初めてなんで、試合そのものが楽しみですね」と、楽しんで戦えることが勝因につながりそうだという。

 戦法は「もちろん今回も負けられないんですけど、思いっきりぶつかって、あまり戦略・作戦を立てすぎずに昔みたいに倒しに行こうと思います」と、のびのびと倒しに向かうと宣言。

 篠原は今回の開催地である大阪育ちだが「大阪・関西出身の選手は多いですけど、ずっと大阪在住でやっている選手は少ない。だから大阪在住の僕が優勝したほうが盛り上がる。僕が優勝して会場を盛り上げたい」と地元選手の意地で優勝すると意気込んだ。

【大会・チケット情報】 12・8 K-1実行委員会「 K-1 WORLD GP 2018 JAPAN  K-1ライト級世界最強決定トーナメント」

●編集部オススメ

・新王者・篠原悠人、一階級下も視野に

・優勝候補ゴンナパー「チャンスがあれば全試合1RでKO」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース