TOP > ニュース

【K-1】優勝候補ゴンナパー「チャンスがあれば全試合1RでKO」

2018/12/03(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

持ち前の剛腕を唸らせるゴンナパー。トーナメントを制することが出来るか

 12月8日(土)エディオンアリーナ大阪(第1競技場)にて開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K-1ライト級世界最強決定トーナメント~』。

 同トーナメントに出場する第5代Krushライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレック(25=タイ/WSRフェアテックスジム)が、3日(月)都内所属ジムにて公開練習を行った。

 ゴンナパーはパンチを中心としたミット打ちで剛腕ぶりを見せつけ、最後にはミドルキックの連打で快音を響かせた。「コンディションはとてもいいです。当日は100%でやれます」と、仕上がりは順調な様子。

 トーナメントは2017年2月の「初代ライト級王座決定トーナメント」以来(準決勝敗退)となり、「前回と比べると経験が増えました。今回はいい結果になると思います。チャンピオンになります」と自信満々。

 とはいえ「普段から身体を鍛えて準備しているので、いつも通りの練習方法でやっています。自分の攻撃は強いので、あとはいかにコンディションを整えるかですね」と特別なことはしていない。

 1回戦で対戦する第6代Krushスーパー・ライト級王者の篠原悠人(20=DURGA)については、「特筆した何かがある選手だとは思いません。もちろん映像を見て研究して対策を練っていますが、怖い相手じゃない。でも手は抜かず全力で戦います」と評する。

 トーナメント勝つために最も大事なことは何かとの質問には、「ダメージを受けないためのテクニックですね。特に1回戦は大事」とし、ウィラサクレック会長から全試合1RでKOしろと檄を飛ばされると「チャンスがあればやりたい。タイミングにもよります。もちろん早めにKOして勝ち進むのがいいと思っています。特に1回戦は早めにKOしたいと思っています」と、1回戦はKOで早めに終わらせたいと語った。

 準決勝以降は「誰と当たってもいい」と言い、「全力で戦って自分の仕事をします。皆さんの期待に応えるような試合をします」と激闘を誓った。そしてトーナメントを制覇した次は、今大会を怪我で欠場したK-1ライト級王者・卜部功也(28=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と戦いたいとアピール。

「もちろん戦いたい。長い間、戦いたいとの意思を表明してきたので、自分の実力を証明するいい機会になるでしょう。トーナメントで勝って自分のレベルを一段階上げ、次は卜部に勝ってベルトを獲ることで高みに行ってもっと有名になりたい」と、ゴンナパーは野望を燃やしていた。

【大会・チケット情報】 12・8 K-1実行委員会「 K-1 WORLD GP 2018 JAPAN  K-1ライト級世界最強決定トーナメント」

●編集部オススメ

・ライト級世界最強決定トーナメントを大阪で開催、王者・卜部功也はゴンナパーにリベンジ誓う

・卜部功也が世界トーナメント欠場、WMAF世界王者・恭士郎が代役に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース