TOP > ニュース

【KNOCK OUT】KO負けもダウンも無しのチャンヒョン・リー、森井洋介のパンチは「速くもないし、大振り」

2019/01/29(火)UP

韓国の鉄拳・リーが”Mr.KNOCK OUT”森井と激突

 2月11日(月・祝)東京・大田区総合体育館にて開催される『KNOCK OUT 2019 WINTER 「THE ANSWER IS IN THE RING」』。

 メインイベントでは第5代RISEスーパーフェザー級王者チャンヒョン・リー(26=韓国)が、「KING OF KNOCK OUTライト級アジアトーナメント準決勝」に臨む。
 相手は優勝候補の一角、初代KING OF KNOCK OUTライト級王者・森井洋介(30=GOLDEN GLOBE)だ。

 リーは“韓国の鉄拳”の異名を持ち、強打者ぶりを発揮して7月にRISE三階級制覇・裕樹をKOで撃破、11月には野辺広大を破りRISEスーパーフェザー級王座を奪取した。
 12月の1回戦では、WPMF世界スーパーフェザー級王者・町田光にTKO勝ちして今大会にコマを進めた。

”Mr.RISE”裕樹を3ノックダウンで沈めたリー

 相手の森井の印象をリーは「いつも盛り上がる試合をする選手。パンチとローキックで攻めるスタイルが自分のスタイルとも似ているし、相性も良いと思います」と強打対決は噛み合うだろうと予測。

 しかし「特に警戒する部分はありません。前の試合では森井選手がローキックでKOするのを見ましたが、以前RISEで戦った裕樹選手のローキックの方が強いかなと。裕樹選手のローキックにも自分はダメージを受けなかったのでローキックは警戒していません」と”鬼のローキック”の使い手・裕樹と比較すると恐れるに足らずとした。

昨年10月の1回戦では延長RでKO勝利した森井(左)

 また「パンチは強い感じですけれど、スピードはそんなに速くもないし、大振りのような感じです」と、KOを量産する森井の”剛腕”にも低評価を下す。

 試合展開については「面白い試合になりそうですね。お互いのスタイルが噛み合うので殴り合う試合になると思います。私は森井選手をKOするために最善を尽くします。森井選手はKO率が高い選手ですが、自分は今まで一回もKOで負けたことがないし、ダウンも一回もないので私は倒れないですよ」と、KO負け・ダウンゼロのタフネスぶりを武器にKO勝利をもぎ取ると宣言した。

【大会・チケット情報】 2・11 キックスロード「KNOCK OUT 2019 WINTER「THE ANSWER IS IN THE RING」」

●編集部オススメ

・“鉄拳”リーが裕樹にKO勝ち、野辺危うし

・韓国の鉄拳リーが野辺を衝撃の失神KO葬

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース