TOP > ニュース

【K-1】木村ミノル、ピケオーへのリベンジに向け和島を「軽く倒します」

2019/02/22(金)UP

和島戦について意気込みを語った木村ミノル

 3月10日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催される『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K’FESTA.2~』の日本vs世界・7対7で、和島大海(23=月心会チーム侍)と対戦する木村“フィリップ”ミノル(25=ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)の試合に向けたインタビューが主催者より届いた。

 前回、11月の試合ではジョーダン・ピケオーにKO負けを喫している木村は「今までやってきた選手の中では一番強さを感じたし、圧力、体のパワー…シンプルに強かったです」と振り返る。

ピケオーが木村に膝蹴りを入れダウンを奪う。この敗戦が木村を燃えさせた。

「ピケオー選手はこっちが結構なパンチを当てても、それに耐えて反撃に出てきて、他の選手との違いを感じました。でも僕はあのレベルの選手を圧倒するようになりたいし、控え室に戻った時、久しぶりに『リベンジしたい』って思いました。これだけ早く次の試合がしたいと思う負けは、今まででもなかなかないですね」とKO負けしたことで逆に目標ができたようだ。

 今回対戦する和島は11戦9勝(9KO)2敗。2敗のうち1敗は昨年9月のK-1でピケオーに判定負けしたもの。この対戦はピケオーに負けた者同士の戦い。勝者がピケオーにリベンジするという道も考えられる。

 -68kg契約、3分3R・延長1Rで対戦する両者。木村は和島について「あんまり好みなタイプではない」としながらも「和島選手は軽く倒します。まだ彼が僕と戦うのは早いと思うんで」と余裕のKO宣言が飛び出した。

2015年1月には最強ムエタイ戦士ゲーオからダウンを奪い勝利した木村。爆発力復活なるか。

「最近は年齢も重ねて、ちょっと勢いを弱モードにしてたんですけど、今回はスイッチを入れようかなと。今年はスイッチが入った全盛期バリバリの、去年と比べたら何個もレベルが上の試合をしたい」と持ち前の爆発力を復活させるという。

「最近の僕からは想像も出来ないような試合が出来ればなと思います」とピケオー戦を経て完全にスイッチが入った木村。
 全開モードでピケオーへのリベンジに繋げられるか。

●編集部オススメ

・ピケオーが木村ミノルを4度ダウンさせてKO勝ち

・【K-1】木村ミノルがダウンを奪いゲーオに勝つ

・【コラム】ゲーオはなぜ木村ミノルに敗れたのか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース