TOP > 新着情報 > 試合結果個別

【RIZIN】朝倉海がバンタム級GP決勝進出!打撃戦で瀧澤謙太を判定で下す

2021/12/31(金)UP

ボディストレートを当てる朝倉(右)

RIZIN FIGHTING FEDERATION
『Yogibo presents RIZIN.33』
2021年12月31日(金) さいたまスーパーアリーナ

▼第2試合 RIZIN JAPAN GRAND-PRIX 2021 バンタム級トーナメント 準決勝
RIZIN MMAトーナメントルール(61.0kg)5分3R
○朝倉海(トライフォース赤坂)
判定3-0
●瀧澤謙太(フリー)
※朝倉がGP決勝進出

朝倉がハイキックを放つ

 朝倉はトーナメントの優勝候補筆頭。6月の1回戦では“マジカルチョーク”の使い手・渡部修斗に強烈なパウンドで1R TKO勝利、9月の準々決勝ではボンサイ柔術のアラン・ヒロ・ヤマニハに右拳の骨折を負うも判定勝利して準決勝に進んだ。骨折も現在は回復、得意の打撃が期待される。

 対する瀧澤はそのバックボーンから“一撃必倒の空手王子”の異名を取るストライカー。1回戦で今成正和に判定勝利を収め、準々決勝ではDEEP二階級王者・元谷友貴をパンチでKO。番狂わせの強さを見せ、大晦日へ進出した。

 1R、瀧澤はリングを大きく回っていく。そこからともに蹴りで相手をけん制する。右スイングフック、右ボディストレートとパンチを散らしていく朝倉。さらに右アッパーも朝倉は見せるが、瀧澤はカーフキックを打ち込み、後ろ回し蹴り、バックブローと回転技も見せる。朝倉も瀧澤にカーフキックを打ち込む。

 2R、瀧澤は再びリングを回り、右ストレートをヒット。さらに三日月蹴り、ボディへの後ろ回し蹴りと朝倉に見舞う。朝倉はこれに対し右フック、ボディストレート、左フック、アッパーとパンチを振るうがクリーンヒットは得られない。瀧澤はやはり距離を取って試合を進め、朝倉を近づかせない。

朝倉が判定勝利、GP決勝進出!

 3R、瀧澤は後ろ回し蹴りを連続で繰り出し、やはり右回りを続け朝倉は間合いを詰めていく。だが朝倉の踏み込んでのパンチを瀧澤は距離を取ってさばき当てさせない。朝倉はしかしステップインしての左フックを当てると、瀧澤はこれに一瞬ダウンもすぐに立つ。続けて朝倉が打ちおろしの右をヒット! 瀧澤は左目横から出血し、前に出てパンチを振るうが、朝倉は再び右ストレート、左フックを当て、瀧澤の追撃を振り切り試合を終える。

 判定は3-0で朝倉が制し、決勝進出を決めた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・『RIZIN』12.31 試合結果 速報(バンタム級T、サトシvs矢地、斎藤vs未来、天心vs五味、RENA、皇治、シバターほか)

・『テレビ・配信』12.31「RIZIN.33」TV放送・ネット配信・生中継情報

・【RIZIN】朝倉海バキバキボディで計量パス「絶対優勝する」と断言、対する瀧澤「全てを奪う」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 新着情報 > 試合結果個別