TOP > ニュース

【K-1】上原とボウニが一触即発、乱闘寸前に

2017/02/24(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

計量後にヒートアップした上原(左)とボウニ(右)をスタッフが慌てて止めに入った

 2月25日(土) 東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催される『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~初代ライト級王座決定トーナメント~』の前日計量&記者会見が、24日(金)13:00より都内にて行われた。

 ヘビー級スーパーファイト(ワンマッチ)で対戦する初代RISEヘビー級&ライトヘビー級王者・上原誠(士魂村上塾)は92.8kg、イブラヒム・エル・ボウニ(オランダ)は97.8kgだった(ヘビー級は体重の上限がないため参考記録)。

 計量を終えての写真撮影になると、ボウニが上原に詰め寄って挑発。上原もこれに応戦し、乱闘寸前になったところでスタッフが両者を引き剥がした。

 続いての会見前にも両者が並んでの撮影となったが、今度は両者が額と額をくっつけての押し合いが始まり、またもスタッフが両者の間に割って入る。テーブルの両端に離れて座った両者だが、それでもにらみ合いを展開。特に上原は怒りを表情に露にした。

会見を前に、またもヒートアップした両者をスタッフが制止

 ボウニが「コンディションは最高潮。上原を素晴らしい試合内容でKOする」と言えば、上原は「俺もKOしたいと思うので、2Rでと考えていたけれど…」とボウニに視線をやると「1RでKO、オーケー?」とムッとした表情のまま挑発。これにボウニは薄笑いを浮かべ、「1RでKO出来るのは、お前の夢の中だけだろ?」と答えた。

完全にスイッチが入った上原。ボウニに対して、1RでKOすると言い放った

 改めて互いの印象を聞かれると、上原は「試合映像を見た印象はデカかったが、今日は思ったよりもデカく見えない。器の大きさの問題か、オーラが見えなかった。明日はどっちが強いかリングの上で教えてやる」と言い放ち、ボウニは「明日の試合が終われば、お前は二度と俺のことが忘れられないようになるだろう」と返答。

 最後に、ボウニが「必ずKOする」と宣言すれば、上原も「どの体勢でも、どんな状況でもKO出来るように練習してきた。小さいヤツがデカいヤツを倒せば盛り上がると思うし、ファンもそれが見たいと思っているだろう。それを見せたい」と、KO決着を予告した。

●編集部おススメ記事
上原誠が初の国際戦「2RにハイキックでKO」
上原と対戦するボウニ「K-1にヘビー級のインパクトが戻って来る」


 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース