TOP > ニュース

【極真会館】髙橋佑汰と上田幹雄が決勝対決を誓う=全世界ウェイト制選手権大会

2017/03/08(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

藤本京太郎のヘビー級ガチスパーリング!
2012年大みそかの東洋太平洋王座決定戦直前スパーリング。オーストラリアから呼んだスパーリングパートナーのプロボクサーが、京太郎を倒しに来る!

4年に一度の全世界ウェイト制空手道選手権大会に出場する日本選手団。(後列左から)上田、高橋、松井章奎館長、鎌田、荒田(前列左から)与座、福井、大澤

 4月16日(日)東京体育館で開催される『2017第6回全世界ウェイト制空手道選手権大会』の記者会見が、3月8日(水)都内にて行われた。

 今大会は4年に一度開催され、軽量級(-70kg)、中量級(-80kg)、軽重量級(-90kg)、重量級(+90kg)の4階級で世界各国から選抜された選手たちにより、体重別の世界王座がトーナメント(各階級8名)で争われる。会見には各階級に2名ずつ出場する日本代表選手が出席(中量級の山田拓馬=大阪なみはや支部のみ欠席)。

 静かな口調ながらバチバチと火花を散らしていたのが、ともに次世代エースと呼ばれている軽重量級の髙橋佑汰(東京城北支部)と上田幹雄(横浜北支部)だ。

 高橋は「昨年の全日本ウェイト制でも全日本でも新ルールの一発逆転技ありをもらって準優勝に終わりました。まだ足りないものがあると痛感しました。その足りないものを見つめて稽古して今大会に臨みます。前回の世界ウェイト制では補欠で出場できなかったんですが、この4年間諦めずに代表選手になれたことを誇りに思います。自分と上田選手が決勝で戦えたら日本のためになりますし、2人が戦って極真会館をもっと盛り上げたい」と挨拶。

 その言葉を受けて上田も、「自分の中では決勝で高橋選手と、見たい人もいるでしょうし、期待通りの展開にしてどっちが強いかを証明したいと思います」と、高橋との決勝対決を実現させたいと語った。

次ページ:各日本代表選手のコメント

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

藤本京太郎のヘビー級ガチスパーリング!
2012年大みそかの東洋太平洋王座決定戦直前スパーリング。オーストラリアから呼んだスパーリングパートナーのプロボクサーが、京太郎を倒しに来る!

関連記事

の続きを読む



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る
Facebookもチェック