TOP > ニュース

【UFC】KOデビューのグーカン・サキ「俺はUFCを征服しに来た」

2017/09/23(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

鮮烈なUFCデビューを果たしたサキ

 9月23日(土)さいたまスーパーアリーナに8,571人(主催者発表)の観衆を集めて開催された『UFC FIGHT NIGHT JAPAN』。

 かつてK-1ヘビー級で活躍し、今大会でUFCデビューを果たしたグーカン・サキ(トルコ/オランダ)は、試合序盤からスピードのある打撃でアグレッシブに攻め、最後は1R4分45秒、左フックで鮮やかなKO勝ち。会場ではこの日一番とも言える盛り上がりをみせた。

サキ(右)の左フックがクリーンヒット

 大会終了後の記者会見に出席したサキは、「2年半ぶりの試合だが、素晴らしい試合が出来たと思う。5分間フルに戦えてよかった。たった20秒で終わらなくてよかった」とジョークを交え、「3分間(K-1の1Rの時間)ではなく5分間戦い抜くことの素晴らしさを感じている。MMA(総合格闘技)は今まで俺がやってきた格闘技とは全く違うね。友だちにもMMAをやると言ったら『本気か? クレイジーか?』と言われたが、新しいチャレンジが出来る俺はこの競技でもクレイジーになれると思う」とコメント。

崩れ落ちるルイス・エンリケ・ダ・シウバ(左)

「この2年間、小さいグローブ(オープンフィンガーグローブ=以下OFG)での練習は控えてきたが、今後は小さいグローブを着けての練習をしていく。身体にしっかりとなじませたい。そうすることによって俺はクレイジーになれるし、今夜のように強く戦えると思う」と、さらに本格的なMMAの練習をしていくという。

 ボクシンググローブではなくOFGで試合をした感想を聞かれると、「小さいグローブはボクシンググローブとは全く違う。手を痛めないようにパンチを打たないといけないからね。でも、上手く当たった時、殴った感触はとてもよかった。打たれた時は2、3発打ち返してやろうと思ったよ。そして一発入ると連打したくなるね」と楽しそうだ。

世界最高峰の打撃を披露したサキ(左)

 今後のことを聞かれると「ライトヘビー級の選手たち、俺のことを待っていろよ。覚悟しておけ」と宣戦布告。「俺は、自分がただUFCファイターであることを示すために戦うのではなく、UFCを征服しに来た。全員をKOする。どんな試合でも受けて立つ。いくら戦っても大丈夫だからたくさん戦いたい」と、UFCで頂点を目指すと語った。

“ホーム”日本で大声援を受けたサキ

 また、「日本に帰って来ることが出来て嬉しい。日本は大好きだ。最初はポーランドでUFCデビューしないかとの話があったが、大好きな日本でデビューしたいと選んだ」と、日本でのUFCデビュー戦がサキ本人の希望で実現したことを明かした。

●編集部オススメ記事
・『UFC FIGHT NIGHT JAPAN』全試合結果
・デビュー戦迎える元K-1ファイターのグーカン・サキ「寝技にも自信がある」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース

イベント日程
2017年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
≫もっと見る
アクセスランキング
≫もっと見る