TOP > ニュース

【ONE】女王リーが車の横転事故で負傷、24日のタイトルマッチは中止に

2017/11/08(水)UP

ONE女子アトム級王者アンジェラ・リー

 11月6日(月・現地時間)アジア最大の総合格闘技プロモーション「ONE Championship」(通称ONE)の女子アトム級王者アンジェラ・リー(21=カナダ)が、ハワイで交通事故に遭い、負傷したことが分かった。

 ハワイのローカルテレビ局「KHON2」の報道によると、リーは6日早朝、トレーニングに向かうためにオアフ島のハイウェイを車で走行していたところ、ガードレールに衝突。車は衝撃で5、6回ほど横転した。居眠り運転とみられる。

 ONEのチャトリ・シットヨートンCEOも、8日(水・同)に自身のSNSを通じてリーの事故を報告。「もし彼女がシートベルトを着用していなかったら、結果は確実に異なるものとなっていただろう。事故の写真を見たが、車は大破していた」と事故の大きさを綴った。

前方部分が大破したリーの車(KHON2のロブ・デメロ記者のツイッターより)

 この事故により、リーは脳しんとうを起こし、体に軽い火傷と打撲を負ったが、幸い命に別状はなかった。だが、11月24日(金・同)にシンガポールで開催される『ONE:IMMORTAL PURSUIT』にて予定されていた、リーの3度目のONE女子アトム級王座防衛戦は中止となった。

 挑戦者に決まっていた日本のV.V Mei(ヴィーヴィー・メイ)もSNSを通じてコメントを発表。リーの事故とタイトルマッチ中止を報告したうえで、「別の選手を探しているので試合はありそうです。楽しみにされていた皆様、大変申し訳ありません。アンジェラの早い回復を祈っております」と綴っている。

 リーはカナダ・バンクーバー生まれのハワイ育ちで、現在はシンガポールに在住。ONE史上最年少記録となる19歳で王座に就くなど、ファイターとしての実力はもちろん、その愛嬌のある笑顔と明るいキャラクターで絶大な人気を誇る。10月21日(土・同)には、同じONEのファイターであるブルーノ・プッチ(27=ブラジル)との婚約を発表したばかりであった。

●編集部オススメ
・21歳の女王リーが防衛戦1カ月前にラブラブ婚約発表
・19歳アンジェラ・リーがV.V Mei破り初代女王の座に就く

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース