TOP > ニュース

【GLORY】最強挑戦者が女王ソースト打倒へ闘志=前日計量

2017/12/02(土)UP

計量に臨んだ王者ソースト(右)と挑戦者メクセン(左)

 12月1日(金・現地時間)アメリカ・ニューヨーク市のマディソン・スクエア・ガーデンにて開催される『GLORY(グローリー) 48』の前日計量が、11月30日(木・同)に行われた。

 女子スーパーバンタム級(-122ポンド=約55.3キロ)タイトルマッチで2度目の防衛戦に臨む王者ティファニー・ヴァン・ソースト(28=アメリカ)は、120.2ポンド(約54.5キロ)でクリアー。対する挑戦者アニッサ・メクセン(29=フランス)も120.6ポンド(約54.7キロ)でパスした。

睨み合いで火花を散らすスースト(右)とメクセン(左)

 計量を終え、最初にマイクを向けられたメクセンは「何も話したくない。私は戦うためだけにここにいる。すべては明日、リングの上で分かるでしょう」と、静かな口調で闘志を燃やした。

 すると、ソーストも「その通りね。彼女は戦う準備が整っているようだし、やってみようじゃない」と、こちらも静かに応じた。

 ソーストはアメリカのムエタイプロモーション「Lion Fight(ライオン・ファイト)」で、女子フェザー級と女子スーパーバンタム級の二階級を制覇するなど長らく活躍。昨年5月からGLORYに参戦を果たすと、同団体初の女子トーナメントを勝ち抜き、初代女子スーパーバンタム級王座を獲得した。今年8月にはメゲン・ウスルをTKOに下し、初防衛に成功している。戦績は18勝(7KO)2敗1分。

 また、昨年9月から世界最大の女子MMA(総合格闘技)プロモーション「Invicta FC」に参戦し、今年5月には初白星を上げるなど活躍の場を広げている。

 対するメクセンは93勝(30KO)3敗の戦績を誇り、2014年にムエタイのWPMF世界王座を獲得、2015年に中国のビッグプロモーション「Kunlun Fight(クンルン・ファイト)」のトーナメントで優勝した実績を持つ。今年7月にGLORY初参戦を果たすと、2連勝で女子スーパーバンタム級2位にランクインした。

 果たして、女王ソーストは最強の挑戦者と呼ばれるメクセンを相手に王座を守ることができるか。あとは試合開始のゴングを待つのみとなった。

●編集部オススメ
・初開催の女子世界トーナメント優勝候補が突然の出場辞退
・RENAがオランダ女子キック界の超新星バービックを下す

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース