TOP > ニュース

【ムエタイ】福田海斗がラジャ創立記念興行に参戦、外国人選手として唯一人

2017/12/13(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

ラジャダムナンスタジアム創立記念興行の最終試合で、カノンスック(左)と対戦する福田(右)

 ムエタイの本場タイで活躍する日本人選手・福田海斗(キング・ムエ)が12月21日(木・現地時間)、1年で最も規模の大きいラジャダムナンスタジアム創立記念興行に出場することが決まり、ランキング入りをかけて強豪カノンスック(タイ)と対戦することが発表された。

 福田は2015年にはルンピニースタジアムの創立記念興行にも出場しており(2015年12月8日タイ国プロムエタイ協会フライ級タイトルマッチでタナデー・トープラン49と対戦して5R判定勝利)、これで2大メジャースタジアム両方の創立記念興行に出場するという快挙となる。

 この年末の創立記念興行は最も影響力を持つプロモーターが受け持ち、その年を代表する選手が選出され、いわばオールスター戦というべき一年で一番大きい興行とされる。今年のラジャダムナンスタジアム創立記念興行はソーソムマイプロモーターが担当し、メインにはセーンマニーvsヨードレックペット(梅野源治と2度対戦して1勝1敗)、セミファイナルはセクサン(2015年9月に梅野と対戦して判定勝ち)vsパンパヤックなど、現在のヨード・ムエ(超一流選手)たちが登場。

 この興行に唯一の外国人選手として福田(リングネーム:カイト・ウォーワンチャイ)が第9試合で出場する。福田は先月12日(日)のラジャダムナンスタジアム興行『スック ワンキントーン』のメインイベントに出場し判定勝利。その前も現ランカー(オムノーイ7位、プロムエタイ協会3位)のチャットペットと2連戦などトップクラスと対戦を重ねており、ランキング入りまであと一歩の位置にいる。

 福田は過去、日本国内での試合を経ず、タイでの試合のみでラジャダムナン・ルンピニーともフライ級でランクインした経験があり、フライ級に続いてスーパーフライ級でもランクインすればこれまた大きな快挙となるであろう。

 今回の対戦相手はカノンスック・コーカンパナート。現在、ラジャダムナンスタジアム認定フェザー級2位のチャナスックやバンタム級1位のパデッスックを擁し、ソーソムマイ氏お抱えのコーカンパナートジム期待の新鋭。ランカーとの試合経験もあり、ビックマッチにも度々出場する強豪。前回11月のビックマッチでも3RKO勝ちを収めている。長身のサウスポーでヒザが得意なファイタータイプということで、福田とは激しいヒザの攻防となりそうだ。

 福田は「一昨年ルンピニーの創立記念興行で、プロムエタイ協会のタイトルを獲った思い出の試合がありました。今回は初めてラジャダムナンスタジアムの創立記念興行に出場することができ、今からワクワクしています。ルンピニーの時以上にインパクトのある勝利を目指して頑張ります。自分以外にもムエタイの有名選手ばかりが出場しますのでぜひこの興行に注目してください。応援をよろしくお願いします」とコメントしている。



ラジャダムナンスタジアム創立72周年記念興行

「スック ソーソムマイ+シェフブントゥム」
2017年12月21日(木・現地時間)タイ・ラジャダムナンスタジアム

▼第1試合 118.5ポンド契約
サオエーク・ケーサージム(タイ/ルンピニースタジアム認定スーパーフライ級6位)
vs
レムボン・ソーイーソーカーン(タイ)

▼第2試合 ラジャダムナンスタジアム認定スーパーバンタム級タイトルマッチ
メーティー・ソージョートイペドリュ(タイ/前同級王者)
vs
ヨードクンスック・モーラチャパットジョムブーン(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定スーパーバンタム級3位)

▼第3試合 サイアムオムノーイスタジアム認定スーパーフェザー級タイトルマッチ
ロッタン・ジットムアンノン(タイ/サイアムオムノーイスーパーフェザー級王者、ラジャダムナンスタジアム認定同級6位)
vs
モンコンゲーウ・ソーソムマイ(タイ/サイアムオムノーイスタジアム認定スーパーフェザー級10位)

▼第4試合 126ポンド契約
ペッダム・ペッティンディアカデミー(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定フェザー級3位、ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級8位)
vs
チャナスック・コーカンパナート(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定フェザー級2位、ルンピニースタジアム認定同級1位)

▼第5試合 128ポンド契約
ペットナムガーン・オークワンムアン(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフェザー級9位)
vs
ペットワソン・アンスクンビット(タイ/ルンピニースタジアム認定フェザー級2位、ラジャダムナンスタジアム認定同級1位)

▼第6試合 ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフェザー級タイトルマッチ
ペットウトーン・オークワンムアン(ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフェザー級王者、ルンピニースタジアム認定同級1位)
vs
ガオナー・PKセンチャイムエタイジム(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフェザー級1位、ルンピニースタジアム認定同級2位)

▼セミファイナル 133ポンド契約
セクサン・オークワンムアン(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定ライト級1位、ルンピニースタジアム認定同級1位)
vs
パンパヤック・シッジャーティック(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定ライト級7位)

▼メインイベント 134-135ポンド契約
セーンマニー・ウンカトーンチェンマイジム(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定スーパーフェザー級5位)
vs
ヨードレックペット・オーピティサック(タイ/ラジャダムナン&ルンピニースタジアム認定統一ライト級王者)

▼第9試合 115ポンド契約
カイト・ウォーワンチャイ(日本/元タイ国プロムエタイ協会フライ級王者)
vs
カノンスック・コーカンパナート(タイ)

●編集部オススメ

・福田海斗がタイで3つめの王座奪取

・福田海斗がラジャダムナンのメインで完勝

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース