TOP > ニュース

【Krush】芦澤竜誠と佐野天馬が会見で激しい火花

2018/01/16(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

舌戦を繰り広げた佐野(左)と芦澤(右)

 3月10日(土)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.86』の記者会見が1月15日(月)都内にて行われた。

 同大会では王者・西京春馬と挑戦者・村越優汰による-58kgタイトルマッチが実施されるが、今後のタイトル戦線に関わってくるだろう注目の一戦、佐野天馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と芦澤竜誠(K-1ジム総本部チームペガサス)による-58kg Fightも決定した。

 会見で芦澤は「KRESTは大嫌いなので、普通にぶっ倒します」と発言。この言葉の真意を問われると、「KRESTのトップや強い選手には自分を持っている選手がいるけど、あとの選手はとりあえず勝てればいいと思っていてダウンを取ったら後は逃げるし、そういうのはマジいらないし、そういう選手が残っていくとつまらないK-1になっちゃうと思うので、俺がぶっ倒して面白いK-1にします」と回答。

 これに対し佐野は、「面白い試合をするのは大事だが、その前に勝たないと。トップになってからそういう試合ができればいいのかなと思うので、トップじゃない選手がそう言うのはどうなんですかね」と真っ向から反論し、両者とも熱くなることこそなかったが、「眼中にない。普通に倒す」(芦澤)、「圧倒的な差を見せて、普通に勝ちます」(佐野)と言葉を重ね、すでに会見から激しい火花が飛び散っていた。

打ち合いが期待される大沢(左)vs恭士郎(右)も決定

 また同大会では大沢文也(TANG TANG FIGHT CLUB)vs恭士郎(士魂村上塾)による-63㎏ Fight、中村広輝(赤雲會)・篠原悠人(DURGA)・FUMIYA(ポゴナ・クラブジム)・1/27 松下大紀vs細越貴己の勝者の4名参加による-65kg次期挑戦者決定トーナメント準決勝の実施も決定。

 トーナメントの決勝は5月27日大会で行われ、タイトルマッチは王者・中澤純が『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~』(3月21日、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)で左右田泰臣と戦うため、この試合を終えた後で日付が決定となる。

 なお、7年連続7回目となるKrush名古屋大会も名古屋国際会議場イベントホールで8月18日(土)に開催されることが決定した。

●編集部オススメ

・西京春馬、初防衛戦の相手は村越優汰

・山本直樹、兄・優弥が果たせなかった悲願へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース