TOP > ニュース

【Krush】山本直樹、兄・優弥が果たせなかった悲願へ

2018/01/15(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

島野(左)と山本(右)が郷州の保持する王座への挑戦者決定戦を行う

 3月10日(土)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.86』の記者会見が1月15日(月)都内にて行われた。

 Krush -60kg王者・郷州征宜への挑戦権を巡り、島野浩太朗(菅原道場)と山本直樹(優弥道場)による次期挑戦者決定戦が行われることが発表となった。

 2014年11月に第4代Krush -60kg王座を卜部弘嵩と争っている島野に対し、山本は昨年5戦して5勝負けなしと絶好調。中でも11月のK-1で実力者・覇家斗を破った一戦が決め手となり、今回の次期挑戦者決定戦進出が決まった。

「チャンピオンまでもう少しなのでワクワクしています。去年は5戦5勝でしたが、今年もその勢いで行きたいし、このチャンスを必ずものにしたい。島野選手はパンチの印象がありますが、気持ちの強い選手。ただ自分にはパンチは当たらないし、もらう前に倒したい。自分はデビューしたのがKrushのリングなので、ベルトを獲りたいと思ってます」と山本。

 山本の兄は現在道場の代表を務め、自身もK-1やKrushで活躍した山本優弥。Krushの前身である全日本キックではウェルター級の王座に就いたが、Krushでは戴冠ならずに現役を退いており、兄弟での悲願として山本はKrush王座へ挑む形となる。

「去年はパンチャーが多くて、島野選手もパンチャーだと思っているので、いつも通りの練習をすれば問題ないと思っていつも通りの練習をしています。ただ、誰とやっても勝てる選手になりたいので、そのための練習をしています。必ず挑戦権を自分のものにしてタイトルマッチに臨みたいと思います」

 昨年1年を負けなしで乗り切った山本の自信が感じられる会見となったが、島野は「いま本当に乗っていて、蹴り技が多彩で破壊力があるし、凄く冷静に試合をする選手」とその勢いを認めつつ、「山本選手はだいぶ余裕があるみたいですけど、自分は這いつくばってでも一撃を叩き込みます」と激闘を布告。さらに「バチバチになると思う」とも言葉を続け、目をギラつかせてただならぬ気配を漂わせた。

 なお、同級の王者・郷州は『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~』(2018年3月21日、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)で小宮山工介(K-1ジム北斗会館)とのスーパーファイトが決まっており、この試合の結果を受け、早ければ5月17日(木)または6月30日(土)の大会で、島野vs山本戦勝者とのタイトルマッチが実現となる。

●編集部オススメ

・耳が聞こえなくても格闘技の王者になれる、郷州が伝えたいメッセージ

・毒舌・林健太、ゴンナパーとの再戦しか興味なし

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース