TOP > ニュース

【Krush】ゴンナパーが自信満々、瑠輝也の蹴りは「全く怖くないし、当たらない」

2018/01/17(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

強烈なローキックをミットに叩き込むゴンナパー

 2月12日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催の『Krush.85』に出場する、WPMF世界スーパーライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックス)が1月17日(水)埼玉県内の所属ジム支部にて公開練習を行った。ゴンナパーは瑠輝也(るきや/TRY HARD GYM)とKrush -63kg王座次期挑戦者決定戦を行う。

 ゴンナパーはシャドーボクシングで身体を温めた後、ウィラサクレック会長自らが持つミット打ちを披露。パワフルなパンチとローキックを叩き込み、気合い十分なところを見せた。

 日本に来て約6年経つというゴンナパーは、「冬は寒いけれど、寒さにはもう慣れていて全然問題ない。日本に来て長いので体調管理は大丈夫」と笑顔で答える。本格的な練習は1週間前から始め、「身体は徐々に良くなってきている。今秋からさらにハードな練習をしていくよ」と準備を進めていく。

 対戦する瑠輝也については「試合を見たかぎりいい選手なのは間違いない。ただ、全く怖くない。パンチもキックも重くないので問題ない」と、昨年は2月に元三冠王の水町浩を飛び二段蹴りでKO、7月には中国との対抗戦でドン・ザーチーを飛びヒザ蹴りでKO、11月にはWMAF世界スーパー・ライト級王者・恭士郎から飛び二段蹴りで2度のダウンを奪っての勝利とアメージングな倒しっぷりで注目を集めている瑠輝也の攻撃は軽いと言い放つ。

 瑠輝也のダイナミックな蹴り技に関しても「全く怖くない。ああいう動きは見えるので僕には当たらない。僕の攻撃はパンチも蹴りも重いから相手の方が怖いと思うよ。相手には“僕の攻撃を当てられないように”とだけ忠告しておきたいね」と、自分の攻撃の方が危険だから気を付けろという。

 13cmの身長差(ゴンナパー167㎝、瑠輝也180cm)にも「対策はしているし、背の高い選手との対戦は何回もやってきて、タイでも日本でもほとんど負けたことがない」と長身の相手は得意だと話す。「タイミングをうかがって、KO出来るならする」とKO宣言は出なかったものの「1Rはファンの皆さんを楽しませて、2RくらいでKO出来たらいいかな」と、理想は2RでのKO勝ちだとした。

 今回の挑戦者決定戦に勝てば次はタイトルマッチとなるが、ゴンナパーは「今のベルトを持っている選手(佐々木大蔵)は全然怖くないので、普通に勝てると思っている。それに僕が目指しているのはK-1のベルトさ」と、勝って当然と言わんばかり。「まず次の試合で100%を出して勝つ。そしてベルトを獲るまで僕は止まらない」と、ノンストップ・ゴンナパーを宣言した。

 また、3月21日(日)さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナにて開催の『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~K’FESTA.1~』で行われる、王者ウェイ・ルイ(中国)vs挑戦者・卜部功也(K-1 GYM SAGAMI-ONO)の予想を聞かれると、「どっちが勝つとも考えられる。ウェイ・ルイは体重をたくさん落とさないといけないから大変そうだが、卜部が前回僕と対戦した時と同じレベルならウェイ・ルイが勝つだろう」とし、「僕はどちらとでも戦える。恐怖心はない。ただウェイ・ルイとは、もう一度どこかのタイミングで戦いたいというのはある」と、昨年6月のタイトルマッチで敗れたルイにリベンジがしたいと話した。

●編集部オススメ

・飛び二段蹴りの瑠輝也がゴンナパーと激突

・【M-ONE】ゴンナパーが潘と熱闘、V2達成(試合動画あり)

・【M-ONE】K-1から凱旋したゴンナパーがKO圧勝(試合動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース