TOP > ニュース

【レベルス】K-1帰りのスアレックに杉本卓也が挑戦、ジムとして6年越しのリベンジへ

2018/05/11(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

スアレック(右)の初防衛戦の挑戦者はJ-NET王者の杉本(左)に決定

 6月6日(水)東京・後楽園ホールで開催される『REBELS.56』の追加対戦カードが発表された。

 REBELS-MUAYTHAIスーパーライト級タイトルマッチとして、王者スアレック・ルークカムイ(32=タイ/スタージス新宿ジム)がJ-NETWORKスーパーライト級王者・杉本卓也(24=ウィラサクレック・フェアテックスジム)の挑戦を受ける。

 スアレックは日本を主戦場にするタイ人ムエタイ戦士で、パンチ&ローキックのアグレッシブなファイトスタイルから“超攻撃型ムエタイ”と呼ばれる。2017年3月に王座に就き、今回が初防衛戦。対する杉本はムエタイジムに所属しながらも蹴りよりもパンチャーで、今年3月のJ-NETWORKではパンチによる3ノックダウンを奪っての初回KO勝ちでJ-NET王座に就いた。

ゲーオとゴンナパーという力強い味方を付けて挑む杉本

 杉本は「3月にJ-NETのベルトを獲って、それからの一発目でまたタイトルマッチ。ビッグチャンスだと思います。相手は凄く強いけれどしっかり倒して二冠をゲットしたいと思います」と二冠王宣言。

 今回の試合に備えて「ゴンナパー、ゲーオともスパーリングをやっています。特にゴンナパーにやってもらっていますね。試合が決まってからはまだ会っていないので、一緒に映像を見て研究したいと思っています」と、同門の元K-1スーパー・ライト級王者ゲーオ・ウィラサクレック、Krushライト級王者ゴンナパー・ウィラサクレックの協力を得て打倒スアレックに向かうという。

 迎え撃つスアレックは3月21日に「K-1 WORLD GP第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント」に出場したが、1回戦で小宮山工介のハイキックで初回KO負け。その試合のことを聞かれると「最初のK-1の試合だったから早くKOしたいと思っていて、気をつけなかったところがあります。緊張はしていなかったんですが、1回戦を早く終わらせられれば次の試合がラクになるからラッキーだと思っていました」と、張り切りすぎてしまったことが敗因だと話した。

 試合後は「落ち込みました」と言うが、「杉本選手の試合は何回も見たことがあります。だから大丈夫だと思います。KOしたいですね。自分のスタイルで、パンチ、蹴り、ヒジ、ヒザ、全部を使って」と、K-1での鬱憤をこの試合で晴らすつもりだ。

 過去にもタイトル獲得歴があるスアレックだが、防衛戦は初めて。初防衛戦の緊張感はあるかとの問いには「全く緊張しない。いつもと一緒」と笑い、「でもベルトを守るために練習をもっとやります。最初のタイトルマッチと一緒でいっぱい練習します」と気合いは入っているようだ。

 杉本は「K-1の試合も見たけれど、ルールが違うので、ムエタイルールのスアレックが一番強いと思うので参考にはならなかったですね。ムエタイルールでの試合は何回も見ていますが、ムエタイの技術があるので、自分のキャリアの中で一番強い選手だと思っています」としたが、「最近の自分はパンチの印象が強いので、意外と蹴れるぞというところを見せたい。蹴りを磨いています」とハイキックは狙うとする。

 それを聞いたスアレックは「もうもらわないです」と笑顔を浮かべた。

 杉本は「スアレックがK-1のインタビューでゲーオやゴンナパーよりも自分は強いと発言していて、やってやろうと思いました。会長もタイ人トレーナも張り切っています。ジムの看板を背負っているのでしっかり勝ちたい」と、自分だけでなくウィラサクレック・フェアテックスジムも背負って戦うという。

 実はスアレック、2012年に当時のウィラサクレック・フェアテックスジムの代表選手であるカノンスック・ウィラサクレックに2連勝し、カノンスックからタイトルも奪っている。その因縁があるのだ。

 スアレックはそれを聞くと「ウィラサクレックのタイ人はみんな僕のことを知っている。スアレックに勝って欲しいと思っているでしょう。でも、僕は落ち着いて試合をします。必ずベルトを守ります」と、6年越しのウィラサクレック・フェアテックスジムのリベンジを退けると語った。

●編集部オススメ

・小宮山工介がスアレックをハイキックで鮮やかKO

・杉本が初回KO勝ちでJ-NETWORK王座を獲得

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース