TOP > インタビュー 一覧

 

 6月20日(日)東京・ディファ有明にて開催されるリングス『THE OUTSIDER 第12戦』の70-75トーナメントマッチに出場する “元・南関東RSC連合 小田急ルート総長”山田史博。アウトサイダー出場選手の中でも一番アウトローな生き方を自負する男が今考えていること。そして、意外すぎる今後の夢とは。普段聞けないような抗争の内容まで訊いた。(2010年6月10日UP)

■これまでに地域の方に迷惑をかけてきたので、地域貢献を目指す

――山田選手は格闘技団体CARAS(カラス)の代表ということですが、どういう団体になりますか?

「もともと自分は南関東CRS連合という暴走族の人間でした。そこを引退して、CACHEE ERO(カチエロ)というギャング集団を作ったんです。それも解散して、今はその残りの仲間が集まってCARASを作りました。CARASのAを抜かすとCRSになります。頭文字のCはCACHEE EROのCでもあります。自分が今まで属していたところの文字を使ってCARASという団体を作りました。今CARASにいる人間はCRSかCACHEE EROのどちらかに属してた人間です」

――メンバーは何人いるんですか?

「選手は7人、選手を目指している人間が20人ですね」

――その方々は、みんなストリートファイトで腕を鍛えているんですか?

「そうですよ。誰もちゃんとした格闘技ジムには行ってません。みんな普段から色々と研究し、集まったときにスパーリングや実戦で試したりしてます」

――それでは、今こうしている間もあちらこちらで喧嘩している可能性も……。

「そうですね。俺らは飲めばいつも喧嘩です。ここらへんは変なやつらが多いんですよ」

――実戦には困らないですね。練習するときは、道場を借りているんですか?

「市民体育館を借りています。6月下旬にある一回目のCARASの興行が終わったら、道場を作る予定もあります」

――道場も作ってしまう!? それは一般会員も募集するんですか?

「そうですけど、別にお金を取ろうとは思っていません。子供にはもちろんタダで教えます。自分はこれまでに地域の方に迷惑をかけてきたので、地域貢献を目指そうと思っています」

――道場で教えることで不良を更生させるという意味もあるんですね。

「最近一番思うことがあって ・・・

山田史博インタビュー内容
■これまでに地域の方に迷惑をかけてきたので、地域貢献を目指す

※以下、会員の方のみご覧になれます。 
■最近なんかキャバクラを一件潰しちゃいましたから
■山田史博の喧嘩必勝パターンとは?
■自主興行と意外すぎる今後の目標

===================================
※この記事は会員専用です。会員登録すると続きが読めます。

会員登録会員の方はコチラ

===================================

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

TOP > インタビュー 一覧